2021-11

スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

安部公房『赤い繭』【社会から受ける疎外感の果てに・・・】

安部公房の短編小説『赤い繭』のあらすじや感想、社会背景や解説等について載せています。わたしたちは、何かしらの共同体に属し、日々の生活を送っています。現代社会ではインターネット上での集まりのように、共同体の形も個人の欲求に伴い、多様化していっています。
一読三嘆、名著から学ぶ

安部公房『鞄』【自由――選ぶ道がなければ、迷うこともない!】

安部公房の短編小説『鞄』のあらすじや感想、解説や解釈、そして作者について等を載せています。フリーダム(freedom)とリバティー(liberty)、どちらも日本語に訳すと「自由」を意味します。ところが、使い方は異なるようです。
一読三嘆、名著から学ぶ

中島敦『弟子』【お互いを認め合う美しき「師弟愛」!!】

中島敦の短編小説『弟子』のあらすじや感想、または解説、登場する孔子や子路のこと、そして作者について等を載せています。「儒教」は美しいものに絶対基準を作り、そこから遠ざかるにしたがって美しくないとする思想です。一方「荘子」の思想とは、儒教の全面否定です。
一読三嘆、名著から学ぶ

『車輪の下』ヘルマン・ヘッセ【心の悲鳴に耳をすまそう!!】

ヘルマン・ヘッセの小説『車輪の下』のあらすじや感想、解説、そして作者について等を載せています。少し前から「親ガチャ」というキーワードが目立つようになってきました。けれども、報じているマスメディアがどこか他人事なのは気のせいでしょうか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました