2020-11

スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

菊池寛『芥川の事ども』から読み解く天才ゆえの苦悩

著名人の自死が相次いでいた頃、わたしも仕事関係の人間がふたり続けて亡くなったり(ひとりは病死・ひとりは自殺)、または親友の三回忌法要に出席したりと、人間の死について多くの事を考えらされました。第三者は「成功者なのに勿体ないね」とか、「お金に不自由してないはずなのにどうして死を選ぶのか」などと口々に言ったりします。
古き良き日本の再発見

魅力ある風土と文化を未来へと繋ぐ!【文化領域編】

日本各地を訪ね歩いていると、それぞれの土地には、それぞれ特有の香りがあるのを発見したりします。それはもしかしたら、いにしえよりの土や自然、気候から発せられる香りなのかもしれません。または、その地域の特産品の香りかもしれません。それを風土と呼びます。かつて日本という国は、この風土がひとや文化を育てていました。
一読三嘆、名著から学ぶ

森鴎外『じいさんばあさん』から学ぶ夫婦の絆!!

つい先日、知人が熟年離婚をしました。本人曰く、「子供たちが独り立ちしたら別れましょう」と、ずいぶん前から、奥さんに提案されていたそうです。「てっきりあのときは冗談だと思って、はいはい。なんて返事したけど、まさかそれが言質取られたことになるとは思いもよらなかったよ。あはは」。なんて強がって見せています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました