一読三嘆、名著から学ぶ

スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

宮沢賢治『春と修羅』序・全文と解説【心象スケッチの意図!】

宮沢賢治の詩集『春と修羅』の序の全文と解説、個人的な解釈、そして作者について等を載せています。『春と修羅』―――宮沢賢治が生前に唯一刊行した詩集です。けれども賢治自身は詩集と呼ばれることを好まず、あくまで「心象スケッチ」と呼んでいました。
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治『狼森と笊森、盗森』あらすじと解説【自然への畏敬!】

宮沢賢治の童話『狼森と笊森、盗森』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。明治42(1909)年、花巻尋常小学校を卒業した宮沢賢治は、岩手県立盛岡中学校(現・盛岡第一高等学校)に進学します。
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治『水仙月の四日』あらすじと解説【自然の残虐さと愛情!】

宮沢賢治の童話『水仙月の四日』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。柳田国男の『遠野物語』に、雪女のはなしがあります。小正月の夜、もしくは冬の満月の夜に、雪女が子供を引き連れてきて遊ぶというはなしです。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『おしの』あらすじと解説【宗教的価値観の相違!】

芥川龍之介の短編小説『おしの』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。以前、芥川龍之介の短編小説『おぎん』をブログに載せました。いわゆる切支丹物と呼ばれている作品です。芥川は生涯で十五篇の切支丹物を書いています。
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『二人小町』あらすじと解説【死の恐怖と生への執着!】

芥川龍之介の戯曲『二人小町』のあらすじと感想、解説と個人的解釈、そして作者についてなどを載せています。芥川龍之介の作品に戯曲はあまり多くありません。『青年と死と』『暁』『往生絵巻』『三つの宝』『二人小町』『或恋愛小説』『闇中問答』の七作品だけです。
名著から学ぶ(文学の旅)

太宰治『津軽』要約と聖地巡礼!【本編②-五所川原市・西海岸】

太宰治の小説『津軽』の要約と聖地巡礼、そして作者についてなどを載せています。太宰の生家は地主で、しかも相当な資産家です。「斜陽館」に行くたびに、(こんな家に生まれたら幸せだろうな?)なんて羨ましく思ったりします。
名著から学ぶ(文学の旅)

太宰治『津軽』要約と聖地巡礼!【本編①-外ヶ浜町・今別町】

太宰治の小説『津軽』の要約と聖地巡礼、そして作者についてなどを載せています。「ね、なぜ旅に出るの?」「苦しいからさ。」妻・美知子にこのような言葉を残して東京を離れた太宰治は、故郷・津軽の旅へと出かけます。
名著から学ぶ(文学の旅)

太宰治『津軽』要約と聖地巡礼!【序編―青森市・弘前市・大鰐町】

太宰治の小説『津軽』の聖地巡礼に行ったときのこと、そして作者についてなど載せています。太宰の生誕場所「斜陽館」には行ったことがあるものの、(そう言えば他の津軽の地は知らないな……)なんてふと思い、小説『津軽』の地を巡ろうと思い立ちました。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『赤い酋長の身代金』あらすじ【男の子は怪獣!】

オー・ヘンリーの短編小説『赤い酋長の身代金』あらすじと感想、そして作者について等を載せています。ある日知人の一人が、「俺の子供、最近手をつけられなくって……」と、ボソッとこぼしたことがあります。そのときは当たり障りのない言葉で逃げました。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『都会の敗北』あらすじ【田舎者のプライド!】

オー・ヘンリーの短編小説『都会の敗北』のあらすじと感想、そして作者について等を載せています。東京で暮らす人の半数近くは地方出身者と言われています。中には「大都会への憧れ」から夢を抱いて上京する人も多いと思います。
スポンサーリンク