一読三嘆、名著から学ぶ

スポンサーリンク
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治『猫の事務所』【社会にはびこる「いじめ問題」!】

宮沢賢治の童話『猫の事務所』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。各教育機関の関係者が最も頭を悩ませている問題として、「いじめ問題」があげられるでしょう。いや、教育機関のみならず「いじめ問題」は、社会全体の難題と言えます。
一読三嘆、名著から学ぶ

梶井基次郎『蒼穹』【空のなかにあるものは虚無!白日の闇!】

梶井基次郎の掌編小説『蒼穹』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。十七歳のとき結核を患った梶井基次郎は、いつも「死の影」に怯えていました。その「死の影」を現実的に感じ取るのは、伊豆湯ヶ島温泉での転地療養の時期です。
一読三嘆、名著から学ぶ

中島敦『文字禍』【歴史書に書かれなかった事は無かった事!】

中島敦の短編小説『文字禍』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。PCやスマートフォンの登場で、わたしたちの生活は格段に便利になりました。その一方でペンを握る機会が極端に減り、簡単な漢字さえも忘れるようになりました。
スポンサーリンク
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治が『虔十公園林』で語る【「本当のさいわい」とは?】

宮沢賢治の童話『虔十公園林』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。宮沢賢治の代表作『雨ニモマケズ』に「デクノボー」という言葉が出てきます。ちなみに役に立たない(気が利かない)人のことを罵るときに使われる言葉です。
一読三嘆、名著から学ぶ

有島武郎『小さき者へ』【恐れない者の前に道は開ける!!】

有島武郎の短編小説『小さき者へ』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。小説家・有島武郎という名は、中華人民共和国にも広く知れ渡っています。それはかの魯迅が翻訳したことで、学校の教科書にも掲載されているからです。
名著から学ぶ(童話)

豊島与志雄『悪魔の宝』【地道にコツコツ働くのが一番!!】

豊島与志雄の童話『悪魔の宝』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。「悪銭身に付かず」という、ことわざがあります。悪いことや賭け事などで儲けたお金は、どんどん使ってしまって結局貯めることができないという意味で使われます。
一読三嘆、名著から学ぶ

森鴎外『佐橋甚五郎』【「武士の意地」家康と甚五郎との確執!】

森鴎外の短編小説『佐橋甚五郎』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等載せています。1404年、室町幕府第3代将軍・足利義満は、李氏朝鮮との間に対等な外交関係を結びます。このとき朝鮮から派遣された外交使節団のことを「朝鮮通信使」と言います。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『女生徒』【幸福は一夜おくれて来る!!】

太宰治の短編小説『女生徒』のあらすじや感想、創作の背景と解説、そして作者について等を載せています。「中二病」という言葉があります。思春期に特徴的な、自分をよくみせるための背伸びや、自己顕示欲と劣等感が交錯する言動や態度を揶揄する言葉とされています。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『畜犬談』【芸術家は弱い者の味方だったはず!!】

太宰治の短編小説『畜犬談』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。テレビ番組でよく可愛いペットの動画が紹介されていますが、その愛らしい姿に癒されている人も多いことでしょう。わたしもまたそんな一人です。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『巡査と讃美歌』【人生とはままならないもの!】

オー・ヘンリーの掌編小説『巡査と讃美歌』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。「順風満帆」という四字熟語があります。船が帆に追い風をいっぱいに受けて快く進むことを転じて、物事が順調に思いどおりに運ぶという意味で使われます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました