一読三嘆、名著から学ぶ

スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

中島敦『名人伝』【名人という幻影を祭り上げる群衆心理!!】

中島敦の短編小説『名人伝』のあらすじや感想、そして作家・中島敦について載せています。それにしても、ネットでの誹謗中傷が後を絶たないようです。ひとたび批判の標的とされたら、凄まじい勢いで攻撃をされ、とことんまで追い込まれてしまいます。
一読三嘆、名著から学ぶ

葛西善蔵『子をつれて』【困窮者を拒絶する社会風潮とは?】

葛西善蔵『子をつれて』のあらすじや感想、そして作者・葛西善蔵についてなどを載せています。ところで、総務省が5月28日に発表した4月の完全失業率が、2.8%となっていました。わたしの周りでも、職を失った人が増えてきています。明日は我が身といった心境です。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治・新釈諸国噺『破産』【倹約ストレスが浪費へと!】

太宰治の新釈諸国噺『破産』のあらすじや感想、そして原作者である井原西鶴のことなどを載せています。こんなご時世だからでしょうか、書店に “ 節約術 ” なる本が多く並べられています。節約=暗いといったイメージからは遠く、楽しく節約をしょうといった内容です。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

オー・ヘンリー『理想郷の短期滞在者』【叶えよう変身願望!】

オー・ヘンリーの短編小説『理想郷の短期滞在者』のあらすじと感想を載せています。変身願望のことを自己否定だという人がいます。けれども、誰もが一度や二度は「違った人生を歩んだ自分」を想像したことがあると思います。わたしは勿論肯定派です。
一読三嘆、名著から学ぶ

宮沢賢治『オツベルと象』【強欲に憑かれた男の末路】

宮沢賢治の童話『オツベルと象』のあらすじと解説、そして感想などを載せています。人間誰しもが欲望を持っています。それは生きていく以上、必要な本能なのでしょう。けれども度を超すと哀れな末路をたどる場合もあります。悲しき人間の業と言うべきか・・・。
一読三嘆、名著から学ぶ

菊池寛『奉行と人相学』【人は見かけによらぬものなのか?】

菊池寛の短編小説『奉行と人相学』のあらすじと、登場人物について、そして感想を載せています。ところで、もしも「人相学」で人間を判断できたらどんなに楽でしょうか。きっと人に騙されることもなくなります。ですから、人間不信に陥ることもなくなります。
一読三嘆、名著から学ぶ

森鴎外『最後の一句』【痛快なる役人への一言!】

「お役所仕事」という言葉があります。市民の利便性を考えずに行われる行政事務を批判して使われる言葉ですが、わたしも何度かこういった場面に遭遇したことがあります。某市役所に勤めている知人も「お役所仕事」を認めています。けれども、役所内の改革はわたしが考えているよりも、複雑で難しいみたいです。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治・新釈諸国噺『貧の意地』【例え貧しくとも心は豊かに!】

経済的には豊かとされている我が国でも、昨今は貧困問題がクローズアップされるようになりました。 一方で「心の貧困」問題も囁かれています。「心の貧困」とは常に満たされない、強欲で利己的、自己中心的な心、または無気力、無関心で他人に思いやりを持てない心のことを言います。
一読三嘆、名著から学ぶ

井伏鱒二『山椒魚』【時代に取り残された者の悲鳴!】

かつて “ 引きこもり問題 ” といえば少年少女の問題でした。しかし、現在は『8050問題』といった中高年の引きこもりが社会問題になっています。内閣府が発表した「平成30年度調査」によると、40~64歳のひきこもりが全国に61万3000人いると推計されています。
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『おぎん』【キリシタン達が信仰に求めたものとは?】

他国から見ると日本という国は無宗教国家に見えるようです。けれども、正月には初詣という形で神社やお寺に参拝もするし、教会で結婚式を挙げる人の割合は50%を超えるとの調査結果を目にしたことがあります。無宗教国家どころか多宗教国家だと言えると思います。日本人は古来から「一切万有は神」という考えでした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました