一読三嘆、名著から学ぶ

スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

小川未明『野ばら』【友情を引き裂いた愚かなる「戦争」!!】

小川未明の童話『野ばら』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。今この瞬間も地球上のどこかで国境をめぐる紛争が起きています。我が日本という国は島国です。ですから陸上に国境は存在しません。けれども、海上には国境が存在します。
一読三嘆、名著から学ぶ

梶井基次郎『泥濘』【誰にでも起こりうる無気力症候群!!】

梶井基次郎の短編小説『泥濘』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。「無気力症候群」(アパシー・シンドローム)という言葉をご存知でしょうか。要するに “ なにもする気力が起こらない。” といった症状が長期に渡って続くことです。
一読三嘆、名著から学ぶ

三島由紀夫『美神』【「美」への執着が「裏切り」の怨嗟へと!】

三島由紀夫の短編小説『美神』のあらすじや感想、解説や個人的な解釈、そして作者について等を載せています。どうしても手に入れたい。一度手に入れたら二度と手放したくない。このような心理状態に陥ったことはないでしょうか。このような心理状態を「執着心」と呼びます。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『舞踏会』【我々の生(ヴイ)のような花火!】

芥川龍之介の短編小説『舞踏会』のあらすじや感想、そして解説や個人的な解釈等を載せています。鹿鳴館と聞いてどのような印象をもたれているでしょうか。漠然とどこかきらびやかで優雅な、庶民とは全くかけ離れた別世界、こんな印象を持つ方がほとんどだと思います。
一読三嘆、名著から学ぶ

小泉八雲『雪女』と【『遠野物語』他各地に伝わる雪女の伝承!】

小泉八雲の短編小説『雪女』のあらすじや感想、作者について、また『遠野物語』における雪女の記述等を載せています。雪化粧、白銀の世界、雪の華等々―――雪に関する美しい比喩表現は数多く存在します。確かに雪はわたしたちに幻想的な世界を届けてくれます。
一読三嘆、名著から学ぶ

宮沢賢治『雪渡り』【信頼は嘘をつかず人を嫉まぬ純粋な心から!】

宮沢賢治の童話『雪渡り』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。さて「人と人との信頼関係はどのようにして構築するべきか?」会社や取引先、または学校等でこのような悩みを抱えた経験をされた方も多いかと思います。
一読三嘆、名著から学ぶ

志賀直哉『小僧の神様』【偽善心と埋められない格差の溝!】

志賀直哉の短編小説『小僧の神様』のあらすじや感想、そして解説や作者のことについて等を載せています。有名人が実名で寄付をすると、売名行為、または偽善者などと呼ばれたりします。けれども影響力のある人間が発信することで支援の輪が広がったりするのも事実です。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『メリイクリスマス』【東京は相変らず以前と少しも変らない】

太宰治の短編小説『メリイクリスマス』のあらすじや感想、創作の背景と解説、また作者のことについて等を載せています。太宰治は昭和20(1945)年、甲府に疎開後、津軽の生家へ再疎開しています。太宰はこの疎開先で『十五年間』という随筆を書いています。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『水仙』【二十一世紀に芸術家や天才は存在するの?】

太宰治の短編小説『水仙』のあらすじや感想、そして個人的な解釈や作者のことについて等を載せています。ところで皆さまは芸術というものが分かるでしょうか。白状しますが、わたしは芸術というものが分かりません。きっとわたしは芸術音痴なのです。
一読三嘆、名著から学ぶ

谷崎潤一郎『陰翳礼讃』【日本的な伝統美は陰翳のなかに潜む!】

谷崎潤一郎の随筆『陰翳礼讃』のあらましや感想、そして作家について等を載せています。東日本大震災、東京電力福島第一原発事故が発生し、この数日後に東京電力は計画停電を実施しました。あの頃わたしたちは電気のない不便な生活も、有意義な時間に変えようと努力していました。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました