名著から学ぶ(海外文学)

スポンサーリンク
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『自動車を待つ間』【自分を繕ったとしても!】

オー・ヘンリーの短編小説『自動車を待つ間』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。わたしがオー・ヘンリーの作品を読み始めたのは高校に入って間もなくの頃でした。動機はかなり不純で、好意を抱いていた女性がオー・ヘンリーを読んでいたからです。
名著から学ぶ(海外文学)

『車輪の下』ヘルマン・ヘッセ【心の悲鳴に耳をすまそう!!】

ヘルマン・ヘッセの小説『車輪の下』のあらすじや感想、解説、そして作者について等を載せています。少し前から「親ガチャ」というキーワードが目立つようになってきました。けれども、報じているマスメディアがどこか他人事なのは気のせいでしょうか。
名著から学ぶ(海外文学)

『少年の日の思い出』ヘルマン・ヘッセ【劣等感が招いた悲劇!】

ヘルマン・ヘッセの短編小説『少年の日の思い出』の解説や感想、あらすじや作者について等を載せています。「覆水盆に返らず」ということわざがあります。本来、夫婦関係について使うものですが、最近では「取り返しがつかない」という意味で用いられています。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『魔女のパン』【「してあげる」は自己愛!】

オー・ヘンリーの短編小説『魔女のパン』のあらすじや感想、そして作者オー・ヘンリーのこと等を載せています。さて、「もしかしたら彼(彼女)は自分に好意を抱いている?」このような「思い込み」をしてしまい、失敗をするといった経験をされた方も多いと思います。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『理想郷の短期滞在者』【叶えよう変身願望!】

オー・ヘンリーの短編小説『理想郷の短期滞在者』のあらすじと感想を載せています。変身願望のことを自己否定だという人がいます。けれども、誰もが一度や二度は「違った人生を歩んだ自分」を想像したことがあると思います。わたしは勿論肯定派です。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『二十年後』【歳月人を待たず!】

オー・ヘンリーの短編小説『二十年後』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。「十年一昔」といった言葉があります。―――世の中は移り変わりが激しく、十年もたつともう昔のこととなってしまうといった意味の言葉です。そうなると二十年という歳月は・・・。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『罪と覚悟』【再チャレンジできる社会に!】

オー・ヘンリーの短編小説『罪と覚悟』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。「一度失敗してしまうと、やり直しが利きにくい。」そんな社会のありようをどう思うでしょうか。人生に再チャレンジしたいと思っている人間は、かなりの数に上るでしょう。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『水車のある教会』に一縷の望みを見いだそう

オー・ヘンリーの短編小説『水車のある教会』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。貧しい国では今も人身売買目的の誘拐が繰り返されています。突然我が子を失った親の気持ちを考えると、本当に胸が痛みます。
名著から学ぶ(海外文学)

『賢者の贈り物』オー・ヘンリー【愛の詰まったプレゼント!】

オー・ヘンリーの短編小説『賢者の贈り物』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。例年とかけ離れているとはいえ、街ではイルミネーションが光り輝いています。そうです。『クリスマス』シーズンだからです。この季節に是非読んで頂きたい一冊です。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『最後の一葉』に【生きる意味を見いだす!】

オー・ヘンリーの短編小説『最後の一葉』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。枯れ葉の舞う季節がやってきました。街を歩く人々が一枚、二枚と上着を羽織っていくなか、逆に落葉樹たちは一枚、二枚と枯れ葉を落としていきます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました