2022-04

スポンサーリンク
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『自動車を待つ間』【自分を繕ったとしても!】

オー・ヘンリーの短編小説『自動車を待つ間』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。わたしがオー・ヘンリーの作品を読み始めたのは高校に入って間もなくの頃でした。動機はかなり不純で、好意を抱いていた女性がオー・ヘンリーを読んでいたからです。
一読三嘆、名著から学ぶ

菊池寛『恩を返す話』【人間関係の「ねじれ」が生み出す苦悩!】

菊池寛の短編小説『恩を返す話』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。以前読んだ本に、「日本人は他国の人よりも “ 恩恵 ” を受けたとき、肯定的感情よりも負債感情のほうが大きく働く」と書いてありました。
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治『どんぐりと山猫』【「馬鹿が一番偉い」の持つ意味!】

宮沢賢治の童話『どんぐりと山猫』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。新約聖書『ルカによる福音書』(9章46~48節)に「弟子たちの間で、誰が一番偉いかという議論が持ち上がった」とあります。
名著から学ぶ(童話)

小川未明『酒倉』『強い大将の話』【子供に読ませたい童話!!】

小川未明の童話『酒倉』『強い大将の話』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。「戦争と虐殺とは事実に於て同じです。戦争のある限り何処かに於て、やはり虐殺が行われている。」この文章には小川未明の戦争観が表れています。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『たずねびと』【見ず知らずの人々からの善意の救済!】

太宰治の短編小説『たずねびと』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。第二次世界大戦末期、日本政府は、都市への空襲被害を軽減するため、都市に集中している施設や人員を地方へと分散させる「疎開」という政策を実施します。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました