2020-08

スポンサーリンク
介護サービス情報

高齢者の睡眠【※厚生労働省e-ヘルスネットからの転用】

わたしの父親は昼夜が逆転したり、起こしてもなかなか目覚めてくれなかったり、また急に寝付けなくなったりして、かかりつけ医に相談しています。しかし、それが服用する薬の影響なのか、それとも認知症による症状なのか、依然として判明できていません。同じような悩みを抱える方々へ。先ずは、高齢者の睡眠について一緒に学んでみましょう。
介護サービス情報

要介護認定について! ※【厚生労働省HPより転用】

高齢者の面倒を見ている方の中には、役所(介護保険サービス)にも頼らず、たったひとりで重荷を背負い、悩み、苦しんでいる人が多くいると聞きます。” 誰の世話にもなりたくない ” といった気持ちも十二分に理解できます。でもどうか、勇気を振り絞って、まずは市役所や区役所にある介護保険課などに相談することから始めてみましょう。
古き良き日本の再発見

こころの支えと安心は地域から!【結い・もやい・講】

地域コミュニティのあり方については、行政及び各関係団体、そして研究者や有識者などのあいだで様々な議論が取り交わされてきました。そこで前回は日本古来から伝わる地域コミュニティ『結い』について書きました。が、日本には、『結い』のほかにも、『もやい』や『講』といった相互扶助の仕組みがありました。
スポンサーリンク
こころを豊かにするメソッド

笑顔と明るい気持ちを忘れずに!【空海と松下幸之助に学ぶ】

以前、わたしが落ち込んでいるとき、瀬戸内寂聴さんがコラムか何かで、「空海は、明るい気持ちでいれば出会うものすべてが宝物のように輝いてくると教えています。うつむいていては大切なものを見失いますよ。」と、言っていたのを見て、出典を調べたことがあります。空海の真意とは?
老人介護をしながらでも楽しく暮らす方法

高齢者が突然食べなくなったら?【熱中症?それとも・・】

暑い日が続くと、人間は体調を崩しがちになります。初夏の頃、父親が急に食事を受け付けなりました。もしや例の流行り病か?それとも熱中症?こんな感じでかなり心配したものです。そんなわたしの心配をよそに父親は相変わらず食べ物を口にしません。しかしそこには意外な事実が?
こころを豊かにするメソッド

『鎖国時代の漂流民』が実践した語学を修得する術!!

“ 人生死ぬまで勉強 ” という言葉を良く耳にしますが、いざこれから語学を学ぼうと思っても、あれこれ理由をつけて、前に進めずにいる自分がいます。鎖国時代、漂流民として見知らぬ国にたどり着いた日本人は、異国の言葉や風習をどのように自分のものにしたのか?そんな先人たちを参考に ” 学び ” について考えてみたいと思います。
老人介護をしながらでも楽しく暮らす方法

介護タクシー、ああ勘違い!【高齢者の思い込みトラブル】

介護保険制度で身体介護サービスの一つとして登場したのが「介護タクシー」です。厚生労働省は社会保険としては認められないとしているが、今ではタクシー業界は勿論、介護事業者までもが、積極的にサービスとして取り入れているのが現状です。しかしながら、利用対象者は、(要介護1~5の人)と、限定されます。
介護サービス情報

新型コロナウイルス感染症【在宅介護をしているお仲間へ】

新型コロナウイルス感染症について、テレビや新聞等で、様々な報道がされています。その情報や対策内容は各メディア、または番組によっても異なります。わたし達は戸惑うばかりです。そんなときは是非、厚生労働省の出している “ 新型コロナウイルス感染症への対応 ” を指針にして下さい。どうか、宜しくお願い致します。
古き良き日本の再発見

人々のこころとこころを繋いで結ぶ!【『結い』を考える】

わたしが『結い』について、深く興味を持ち、自分の人生にもそれを生かせないかを考えるようになったのは、東日本大震災がきっかけでした。『結い』というのは、日本で古くから受け継がれてきた、協働態(共同体)のことです。日本人として ” 『結い』のこころ ” だけは、いつまでも大切に持っていたいものです。
限られた時間の中でのスローライフ

若き日キャンプ場にて(後編)【老人の旅の目的とは?】

若き日キャンプ場にて(前編)【軽ワゴン車で旅する老人】の続きです。仲間たちとキャンプ場で出逢った老人は自らの過去を語ってくれます。その内容にわたし達は、ぐいぐい引き込まれていきます。果たして老人の旅の目的とはなにか。そして、老人の過去には一体何があったのか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました