スポンサーリンク

目指せストレスフリー!【しがみつかず、こだわりを捨て】

こころを豊かにするメソッド
スポンサーリンク

はじめに【ストレスについて】

 前回の『悩み』に続き、今回は『ストレス』について思うがまま書き下ろしてみたいと思います。現代社会に生きる限り、人はみなストレスから逃れられないでしょう。

 悩みについて詳しくは
  人はなぜ悩むのか?【脳内の断捨離のすすめ!】 をご覧になって下さい。

 わたくし事ですが、以前、ストレスが原因で会社を退職したことがあります。
朝起きて、身支度をするまでは良いのですが、いざ出勤となると、思うように足が前にでません。同じような経験をされた方、意外と多いのではないでしょうか?

 その頃のわたしは、自分自身の心の弱さにこそ原因があるのだと思い悩み、あらゆる本を読み漁ったり、セミナーに参加をしたり、挙句あげくの果てには禅修行ぜんしゅぎょうまで体験するといった始末でした。

 しかし、ストレスには外的要因によって生み出されるものも多いようです。
では、わたしの経験も踏まえて、その辺りから探ってみましょう。

スポンサーリンク

目指せストレスフリー!【しがみつかず、こだわりを捨て】

グローバル化がもたらしたストレス

 2000年代に入ってから、IT産業なる分野が、めまぐるしく進化を遂げ、いまも成長し続けているのは、誰もが知るところでしょう。こうしてブログを書けるのも、その恩恵です。

 IT産業は、世界の垣根を超えるといったことも容易にしました。
どこにいても、世界中の誰とでも繋がれるのは素晴らしいことです。
しかし同時に、日本社会はグローバル化の波をもろに受けることになります。

 かつて、日本の組織は会社に限らず、「一家主義」で動いていました。
上司と部下は親分、子分みたいな関係で、情緒的じょうちょてきなつながりが色濃かったと思われます。

 わたし自身も、仕事帰りに上司と一杯飲んで、「ちょっと家のことで困っていて・・・」なんて、仕事以外のことでも包み隠さず相談していたものです。
つまり、不平・不満を吸収する機能があったと言えます。

 不幸にも、景気悪化という“ 外圧 ”も重なり、多くの日本企業は「能力主義」を取り入れるなどの変革を余儀なくされました。
すなわち、終身雇用、年功序列の崩壊で、「一家主義」が通用しない時代になったと言えます。

 当然のように、不平・不満を吸収する機能は壊れ、個人の『ストレス』は増幅していきます。つまり、グローバル化を経て、“ ストレスの温床おんしょう ” を日本社会は作り出したと言えるでしょう。

成功願望とストレスについて

 誰しもが偉くなりたい、他人に評価をされたい、そんな『成功願望』を、抱いたことがあると思います。

 しかしまた、地位を失いたくない、ミスだけはしたくといった『失敗不安』も同時に、表裏一体として存在していることを忘れてはいけません。

 この願望と不安の狭間はざまで人は思い悩み、ストレスをため込みます。
社会人が一般的に身を置く、“ 競争社会 ” の場合は特に厳しく「うまくやらなければ」という強迫観念と、「いつ転落するかもしれない」といった不安に満ちています。

 実際、仕事に意欲的な人、周りからいわゆる “ エリート ” と目されている人ほどストレスが強いと言われます。
こうした人がいったん挫折すると回復が遅く、“ 異常反応 ” を起こしやすいようです。

 周囲には信じがたい犯罪が発覚し、「あの人がなぜ?」と言われるのもこのケースです。
最近の事件を見ていると、こうした事例が特別でなくなってきているように思います。

スポンサーリンク

プレッシャーと人間関係が作り出すストレス

プレッシャーについて

 例え『成功願望』がなくとも、仕事をしているうえで、『失敗不安』は常に付きまといます。誰もが目に見えない敵、“ プレッシャー ” と戦っているのです。

 良く、プレッシャーと上手に付き合う・プレッシャーを楽しむ。などといった活字を目にしますが、それは『成功願望』を持つ人に向けた言葉です。

 では、持たない人に向けての言葉はなにかと言うと、プレッシャーを考えない。です。

 つまり、日頃から自己評価を低くしておくことが鍵になると思います。

 自己評価を高くしていると、どうしても「わたしはもっとできるはずだ」「わたしが失敗なんてするはずがない」と、自分で自分に対して、プレッシャーをかけてしまいがちです。
そして、知らないあいだに、新たなストレスが生まれるのです。

人間関係が作り出すストレス

 職場やプライベートの人間関係が、ストレスの原因だと言う人も増えてきています。
人間関係の場合は、“ 距離を置く ” ことが最善策かと思われますが、プライベートはともかくとして、職場においては難しいでしょう。

 「一家主義の崩壊」で、人間関係の構築を図る場が限られてきています。
人と人とが壁を作っている限り、人間本来の姿は見えづらいものです。

 すなわち、構築途上の人間関係において、重要になってくるのは、自分基準でものごとを見ないということです。

 人間は、どうしても、自分を基準に物事を考えがちです。
それは仕方がないことです。しかしこの場合は、「自分ならこうするのに」「わたしが正しいのに」みたいな感じで、必要のないストレスまでため込んでしまいます。

 つまり、人への寛容かんよう ” が、ストレスを軽減させるのです。

家庭生活でのストレス

 家庭生活においても、ストレスをため込む人が多いようです。
もしもその空間が、仕事の愚痴のひとつも言えぬ空気になっているとすれば、あしたの活力を補給するどころか、息もつけないでしょう。

 家庭さえ平穏であれば、ストレスは浄化されていきます
しかし本来、浄化作用をもたらすべき家庭環境が、ストレスの汚染源になっているとするのなら、そこから改善しなければならないでしょう。

 他人とは違い、「家族なら分かってくれるだろう」は、今の世の中では通用しません。
ひと昔前までは、“ 話さなくても分かり合える ” といった風潮がありましたが、今の世の中なら、“ 分かり合えるまで対話をする ” ことこそが大事だと思われます。


スポンサーリンク

あとがき【ひとつの生き方にこだわらず!】

 風邪は万病のもとと言われますが、ストレスも万病のもとです。
なぜなら、精神疾患や生活習慣病の原因のひとつとして『ストレス』が上げられているからです。

 わたしも、はじめに触れたとおり、『ストレス』が原因で “ こころとからだのやまい ” 両方に苦しめられたひとりです。結果、会社を退職するといった選択をしました。

 そんなわたしの経験上、はけ口のないストレスをため込んでまで、会社にしがみつく必要はないと、思っています。

 ただ、それは病気の治療と同じで、わたしに効く療法だからといって、万人に効果があるとは限りません。

 先ずは、自分の能力、性格、置かれた状況を十分考えてみましょう。
そして、自分に合った解決策を見いだして下さい。
ストレスについて、わたしが一番実感したことを最後にこの稿を終えたいと思います。

   ひとつの生き方にこだわりすぎないことが大切です

コメント

タイトルとURLをコピーしました