2022-12

スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『桃太郎』【鬼が島は天然の楽土だった!!】

芥川龍之介の短編小説『桃太郎』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。日本で最も有名なおとぎ話と言うと『桃太郎』を連想する人が多いのではないでしょうか。けれども一般的に知られている内容は明治時代になってから創作されたものです。
一読三嘆、名著から学ぶ

小林秀雄『無常という事』【現代人は常なることを見失った!】

小林秀雄の評論文『無常という事』の要約や感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。様々なメディアで○○評論家という肩書の人を良く見かけます。その評論対象は文学、政治、経済、科学、そして遊びや趣味など千差万別です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました