名著から学ぶ(童話)

スポンサーリンク
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治『紫紺染について』【愚かなことは人を蔑む心!!】

宮沢賢治の童話『紫紺染について』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。なぜこの世から「偏見や差別」は無くならないのでしょうか?それは誰しもが「自己肯定感」を持っているからです。人には自分が有利になりたいという心理があります。
名著から学ぶ(童話)

新美南吉『おじいさんのランプ』【時代の変化と迫られる決断!】

新美南吉の童話『おじいさんのランプ』のあらすじや感想、そして日本の照明器具の歴史、作者について等を載せています。前に、夏目漱石の講演録『現代日本の開化』の要約をブログで紹介し、日本の明治時代―――「開化」という名の変革期について書きました。
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治『どんぐりと山猫』【「馬鹿が一番偉い」の持つ意味!】

宮沢賢治の童話『どんぐりと山猫』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。新約聖書『ルカによる福音書』(9章46~48節)に「弟子たちの間で、誰が一番偉いかという議論が持ち上がった」とあります。
スポンサーリンク
名著から学ぶ(童話)

小川未明『酒倉』『強い大将の話』【子供に読ませたい童話!!】

小川未明の童話『酒倉』『強い大将の話』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。「戦争と虐殺とは事実に於て同じです。戦争のある限り何処かに於て、やはり虐殺が行われている。」この文章には小川未明の戦争観が表れています。
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治『土神ときつね』【小さな偽りも重ねたら大きくなる!】

宮沢賢治の童話『土神ときつね』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈等を載せています。「他人に良く見られたい。」このような感情は誰しもが持っていると思います。好意を抱いている相手になら尚更です。つい自分を飾って見せたり、大きく見せようとするものです。
名著から学ぶ(童話)

新美南吉『手袋を買いに』【自分で見て初めて知ることがある!】

新美南吉の童話『手袋を買いに』のあらすじや感想、個人的な解釈、そして作者について等を載せています。「十把一絡げ」(じっぱひとからげ)ということわざがあります。辞書を引くと、いろいろな種類のものを、区別なしにひとまとめにして扱うこと。と、出てきます。
名著から学ぶ(童話)

小川未明『野ばら』【友情を引き裂いた愚かなる「戦争」!!】

小川未明の童話『野ばら』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。今この瞬間も地球上のどこかで国境をめぐる紛争が起きています。我が日本という国は島国です。ですから陸上に国境は存在しません。けれども、海上には国境が存在します。
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治『雪渡り』【信頼は嘘をつかず人を嫉まぬ純粋な心から!】

宮沢賢治の童話『雪渡り』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。さて「人と人との信頼関係はどのようにして構築するべきか?」会社や取引先、または学校等でこのような悩みを抱えた経験をされた方も多いかと思います。
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治が『鹿踊りのはじまり』で語る【ほんとうの精神とは?】

宮沢賢治の童話『鹿踊りのはじまり』の解説や感想、あらすじ、そして作者について等を載せています。さて、その地方の言葉を「方言」といいますが「お国言葉」という呼び方もあります。個人的には「お国言葉」のほうがどこか温かみを感じます。
名著から学ぶ(童話)

秋田雨雀『三人の百姓』【大切なものを伝える児童文学の王道!】

秋田雨雀の童話『三人の百姓』のあらすじや感想、そして作家のこと、児童文学の歴史について等を載せています。児童文学……というよりも童話といったほうが、わたしたちの耳に慣れ親しんでいると言えるでしょう。つまりは、子供を対象とした文学作品のことです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました