2022-03

スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『薄明』【絶望の淵に見る微かな希望の光!!】

太宰治の短編小説『薄明』のあらすじや感想、創作の背景等を載せています。今このときも、空襲警報の鳴り響く中、逃げ惑っている人たちがいます。激しい爆撃音の恐怖に耳をふさいでいる人たちがいます。大切な人の命を奪われて深い悲しみに暮れている人たちがいます。
一読三嘆、名著から学ぶ

坂口安吾『桜の森の満開の下』【美への執着の果ては孤独と虚空!】

坂口安吾の短編小説『桜の森の満開の下』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。以前、雪国で暮らしていたとき、日常生活において「冬籠り」というものを実践していました。文字の如く、冬の間は家に籠るということです。
一読三嘆、名著から学ぶ

梶井基次郎『桜の樹の下には』【美しき生の中に死を見る!】

梶井基次郎の散文詩『桜の樹の下には』の全文と解説、個人的な解釈や感想等を載せています。春になると街中の至るところから “ 桜ソング ” なるものが流れてきます。けれども今に始まったことではなく、古来より日本人は「桜」と密接した文化を育んできました。
一読三嘆、名著から学ぶ

森鴎外『阿部一族』【武士の倫理観「情けは情け、義は義!」】

森鴎外の短編小説『阿部一族』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。令和の時代に生きるわたしたちにとって「武士の倫理観」ほど、理解に苦しむものはないでしょう。武家社会の慣習だった「切腹」や「殉死」のことです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました