スポンサーリンク

宮沢賢治が『虔十公園林』で語る【「本当のさいわい」とは?】

名著から学ぶ(童話)
スポンサーリンク

はじめに【賢治の理想「デクノボー」について】

 宮沢賢治の代表作『雨ニモマケズ』に「デクノボー(木偶の坊)」という言葉が出てきます。ちなみに木偶(でく)とは木ぼりの人形のことで、役に立たない(気が利かない)人のことを罵るときに使われる言葉です。

 けれども賢治は、「日照りの時は涙を流し 寒さの夏はおろおろ歩き みんなにデクノボーと呼ばれ 褒められもせず 苦にもされず そういうものに わたしは なりたい」と綴っています。

 当初この詩を読んだとき「なぜにデクノボーになりたいのか?」そんな疑問を覚えたものでした。勿論このことは賢治本人にしか分からないことですが、童話『虔十公園林』の中にそのヒントが隠されているような気がします。

スポンサーリンク

宮沢賢治が『虔十公園林』で語る【「本当のさいわい」とは?】

宮沢賢治(みやざわけんじ)とは?

 宮沢賢治(作家・詩人1896-1933)は、明治29年に岩手県の花巻市に富商の長男として生まれます。盛岡高等農林学校(現:岩手大学農学部)を卒業後は研究生として残り、稗貫郡(ひえぬきぐん)(現・花巻市)の土性調査にあたりました。

 大正10(1921)年からの5年間は、花巻農学校の教師を務めながら『注文の多い料理店』などの童話作品を刊行していきます。けれども全く売れず、父親から300円を借りて200部買い取ったという逸話が残されています。

 大正15年(1926)、花巻農学校を依願退職し、百姓の道を志しますが、賢治の農業は「金持ちの道楽」と、陰口を叩かれたりするなど、その道は険しいものでした。同時期、『羅須地人(らすちじん)協会』を設立し、農業の技術指導や、レコードコンサートの開催など、農民の生活向上を目指して邁進します。

 しかし、そんな賢治の理想も結局は叶わぬまま、肺結核が悪化し、病臥(びょうが)生活を送るようになります。最後の5年は病床で、作品の創作や改稿を行っていましたが、昭和8年(1933)9月に、急性肺炎により37歳の若さで亡くなりました。

 生前刊行された作品は、詩集『春と修羅』と童話集『注文の多い料理店』(1924)のみです。『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』など、宮沢賢治の代表作といわれる作品は、死後に刊行され、その多くは現代のわたしたちにも影響を与えてくれています。

 また、作品中に多く登場する架空の理想郷に、郷里の岩手県をモチーフとして『イーハトーブ』と名付けたことでも知られています。

花巻農学校教諭時代の賢治

 宮沢賢治の人生を詳しく知りたい方は 宮沢賢治『略年譜』【心象中の理想郷を追い求めたその生涯!】、また、宮沢賢治に関係する人々のことを知りたい方は、宮沢賢治『雨ニモマケズ』【宗教観と科学・影響を与えた人々!】 を、ご覧になって下さい。

羅須地人協会(らすちじんきょうかい)とは?

 大正15(1926)年に、宮沢賢治が現在の岩手県花巻市に設立した私塾のことです。
若い農民たちに、植物や土壌といった農業と関連する科学的知識を教え、そのほか、自らが唱える「農民芸術」の講義も行いました。

 しかしその活動も、保守的な農民の理解は得られず、翌年には休止してしまいます。この私塾がこの名称で活動したのは1926年8月から翌年3月までの約7ヶ月でしたが、その後も賢治は農業指導の活動を続けます。特に農家に出向いての施肥指導はよく知られています。

   羅須地人協会の建物

イーハトーブとは?

 イーハトーブとは宮沢賢治による造語で、賢治の心象世界中にある理想郷を指す言葉です。この造語は賢治の作品中に繰り返し登場します。

 賢治が生前に出版した唯一の童話集である『イーハトヴ童話 注文の多い料理店』の宣伝用広告ちらしの文章は、「イーハトヴ」について以下のような説明がなされています。

イーハトヴとは一つの地名である。強て、その地点を求むるならば、大小クラウスたちの耕していた、野原や、少女アリスが辿った鏡の国と同じ世界の中、テパーンタール砂漠の遥かな北東、イヴン王国の遠い東と考えられる。実にこれは、著者の心象中に、この様な状景をもって実在したドリームランドとしての日本岩手県である。

『イーハトーブ童話 注文の多い料理店』新刊案内のチラシ

童話『虔十公園林』(けんじゅうこうえんりん)について

 『虔十公園林』は、賢治が亡くなった翌年の昭和9(1934)年に発表されます。けれども執筆年については大正12(1923)年説や大正13(1924)説等があり真相は不明です。

『虔十公園林』あらすじ(ネタバレ注意!)

 (けん)(じゅう)は、いつも笑って(もり)の中や畑の間をゆっくり歩いていました。そんな虔十を子供たちは馬鹿にして笑いました。虔十は、両親に言い付けられると何でもしました。けれども両親はそんな虔十に言い付けなどはしませんでした。

 まだ山に雪が残っていたある年のことです。虔十はいきなり、「おらさ(すぎ)(なえ)七百本、買って()ろ。」と言いました。母親が、「どごさ植ぇらぃ。」と聞くと、家の後ろに大きな野原があって、そこに植えると言うのです。

 それを聞いた虔十の兄は、「あそごは杉植ぇでも成長(おが)らなぃ(ところ)だ。」と言いました。虔十が下を向いていると父親が来て、「買ってやれ。虔十ぁ今まで何一つだて(たの)んだごとぁ無ぃがったもの。」と言ったのでした。

 次の日、虔十は兄に手伝ってもらいながら、杉苗を等間隔で植えて行きました。そこへ隣の畑の持ち主の平二がやって来て、「此処(ここ)さ杉植えるなんて、やっぱり馬鹿だな。」と言いました。虔十は何か言いたそうにもじもじしていました。

 虔十の兄が、「平二さん、お早うがす。」と言って立ち上がりました。すると平二はぶつぶつ言いながら向こうに行ってしまいました。嘲笑(わら)ったのは平二だけではありません。「やっぱり馬鹿は馬鹿だ。」と、みんなは口々に言ったのでした。

 みんなの言うとおりで、八年経っても杉は九尺(約2.7m)くらいしか成長しませんでした。ある朝、ひとりの百姓が、「あの杉ぁ枝打(えだう)ぢさなぃのか。」と冗談を言いました。虔十はその言葉に従って、上の方の枝を三四本くらい残してあとは全部払い落としたのでした。

 そこへ虔十の兄が帰って来て、「いい()ぎものうんと出来だ。林も立派になったな。」と言いました。虔十は兄と一緒に落した枝を拾い集めました。下草も短く綺麗に刈ってありました。

 次の日、林のほうで大騒ぎしている声が聞こえました。虔十がびっくりして行って見ると、なんと学校帰りの子供たちが五十人も集って一列になって、杉の木の間を行進しているのです。杉の列はどこを通っても並木道のようでした。

―――それから毎日、雨の日以外は子供たちが集まるようになりました。
 霧の深いある朝のことです。平二が虔十に、「杉()れ!」とどなりました。虔十は、「伐らない!」と言い返します。これが虔十の一生の間の、たった一つの逆らいの言葉でした。

 平二は虔十に馬鹿にされたと思い、急に怒り出して虔十の頬を何度何度も殴りつけました。虔十は黙って殴られています。そんな虔十の姿に気味が悪くなったのか、平二はその場から立ち去りました。

―――その秋、虔十はチブスにかかって死にました。
平二もその十日ばかり前に同じ病気で死にました。ところが林には毎日毎日子供たちが集まりました。

※チフス 高熱や発疹を伴う細菌感染症の一種で、サルモネラの一種であるチフス菌の感染によって発症する病気。

 次の年、村に鉄道が通ったことで村は繫栄し、すっかり町になってしまいました。畑や田は潰れて家が建ちました。けれども虔十の林だけはそのまま残りました。学校がすぐ近くに建っていたので、子供たちは毎日毎日集まりました。

 虔十が死んで二十年近く経った頃のことです。この村出身でアメリカの大学教授になっている若い博士が十五年ぶりで故郷に帰って来ました。博士は村の変わりように寂しく思いました。ところが、虔十の林に行ったとき、「ここはすっかりもとの通りだ。」と驚いたのでした。

 学校の校長から聞くと土地の持ち主は、「虔十のただ一つのかたみだから。」と言って、いくら困っても売らなかったとのことでした。博士は言いました。

 「その虔十という人は少し足りないと私らは思っていたのです。毎日私らの遊ぶのを見ていたのです。この杉もみんなその人が植えたのだそうです。誰が賢く誰が賢かしこくないかはわかりません。」

 そこで博士の提案で、「虔十公園林」と名を付けて、いつまでも保存することになったのでした。卒業生たちからたくさんの寄付が集まりました。虔十の家族たちは喜んで泣きました。

 「虔十公園林」はこれから何千人の人たちに “ 本当のさいわい ” が何だかを教えるか数えられませんでした。そして林は、新しい奇麗な空気をいつまでもさわやかにはき出すのでした。

青空文庫 『虔十公園林』 宮沢賢治
https://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/46601_33328.html


『虔十公園林』【解説と個人的な解釈】

 主人公の虔十は、他者から愚かな人間として見られています。けれどもそれはあくまで表面部分だけを見てのことと言えるでしょう。一方、虔十の家族は、傍から見たら「馬鹿なことをしている」と思われる「杉苗の植林」も、黙って見守り続けます。

 つまり家族は、虔十の内面部分(優しさ・素直さ・純粋さ・仕事熱心さ等々)を理解していたのです。そして無私の行為とも言える虔十の植林が、ついに実を結ぶときがきます。林が子供たちの遊び場になったのです。

 勿論、虔十が意図していたとは考えられませんが、その遊ぶ場を守るために虔十は生涯でたった一度の抵抗を見せます。それは子供たちの笑顔を守るための抵抗だったのです。そんな虔十の思いを汲んだ家族は、虔十が亡くなってからも林を手放しませんでした。

 そして虔十とその家族の思いは、学校の卒業生へと伝わり、「虔十公園林」として花を咲かせます。

 さて、文中に出て来る「本当のさいわい」についてですが、わたしは “ 無償の行為 ” だと思っています。他者の為に無償で尽くす人間を、賢治は、他の作品に度々登場させているからです。言わば “ 無償の行為 ” は、賢治の信条、信念だったと言えます。

スポンサーリンク

あとがき【『虔十公園林』の感想を交えて】

 最初に「デクノボー」について書きましたが、虔十はまさに賢治のなりたかった「デクノボー」そのものと言えるでしょう。賢治は、誰かの役に立ちながら、名も知られぬまま、「デクノボー」として生涯を終えたいと願っていたに違いません。

 けれども、くしくも虔十と同じように、賢治は後世に名を残しました。本童話を読むたびに、もしかしたら虔十(けんじゅう)=賢治(訛ってけんじゅう)ではなかったかと、思わず勘ぐってしまいます。まさに『雨ニモマケズ』の主人公が物語の中にいるのですから。

 さて、宮沢賢治は『農民芸術概論(がいろん)綱要(こうよう)』の序論の中で、「世界がぜんたい幸福にならないうちは個人の幸福はあり得ない」と語っています。つまりその為には、「デクノボー」の存在こそが大事だと、教えてくれているような気がするのです。

青空文庫 『農民芸術概論綱要』 宮沢賢治
https://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/2386_13825.html

宮沢賢治【他の作品】

(童話)
宮沢賢治『よだかの星』を読み【現代のいじめ問題を考えよう!】
宮沢賢治『なめとこ山の熊』を読み【自然との共存を考える!】
宮沢賢治『注文の多い料理店』【自然を私物化する人間の愚かさ】
宮沢賢治『グスコーブドリの伝記』【身を捨て他者に尽くす精神】
宮沢賢治『オツベルと象』【強欲に憑かれた男の末路!!】
宮沢賢治『セロ弾きのゴーシュ』【こじらせ男子の成長物語!】
宮沢賢治『やまなし』【〈クラムボン〉を空想して楽しもう!】
宮沢賢治が『鹿踊りのはじまり』で語る【ほんとうの精神とは?】
宮沢賢治『雪渡り』【信頼は嘘をつかず人を嫉まぬ純粋な心から!】
宮沢賢治『土神ときつね』【小さな偽りも重ねたら大きくなる!】
宮沢賢治『どんぐりと山猫』【「馬鹿が一番偉い」の持つ意味!】
宮沢賢治『紫紺染について』【愚かなことは人を蔑む心!!】
宮沢賢治『猫の事務所』【社会にはびこる「いじめ問題」!】
(詩作)
宮沢賢治『永訣の朝』【妹トシからの最期の贈り物!!】
宮沢賢治『無声働突』【妹トシ子の臨終を描いた心象スケッチ!】
宮沢賢治『雨ニモマケズ』【宗教観と科学・影響を与えた人々!】

コメント

タイトルとURLをコピーしました