スポンサーリンク

宮沢賢治『やまなし』【〈クラムボン〉を空想して楽しもう!】

一読三嘆、名著から学ぶ
スポンサーリンク

はじめに【宮沢賢治の「造語」について】

 宮沢賢治は、自らの詩作品を〈心象スケッチ〉と呼び、童話作品を〈イーハトーブ童話〉と規定していることから、その独特な世界観は、造語によって彩られているといっても大袈裟じゃないような気がします。

 代表作『銀河鉄道の夜』を例にとると、すでにタイトルの銀河鉄道自体が造語となっています。〈ジョバンニ〉や〈カムパネルラ〉といったイタリア風の登場人物、または、地の世界と天の世界を繋ぐ〈天気輪の柱〉などなど、上げたらキリがありません。

 この傾向は、他の作品にも見られますが、特に読者を悩ませ続けているのは、童話『やまなし』に登場する〈クラムボン〉という造語だと言えるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

宮沢賢治『やまなし』【〈クラムボン〉を空想して楽しもう!】

宮沢賢治(みやざわけんじ)とは?

 宮沢賢治(作家・詩人1896-1933)は、明治29年に岩手県の花巻市に富商の長男として生まれます。盛岡高等農林学校(現・岩手大学農学部)を卒業後は研究生として残り、稗貫郡(ひえぬきぐん)(現・花巻市)の土性調査にあたりました。

 大正10年(1921)からの5年間は、花巻農学校の教師を務めながら『注文の多い料理店』などの童話作品を刊行していきます。けれども全く売れず、父親から300円を借りて200部買い取ったという逸話が残されています。

 大正15年(1926)、花巻農学校を依願退職し、百姓の道を志しますが、賢治の農業は「金持ちの道楽」と、陰口を叩かれたりするなど、その道は険しいものでした。同時期、『羅須地人(らすちじん)協会』を設立し、農業の技術指導や、レコードコンサートの開催など、農民の生活向上を目指して邁進します。

 しかし、そんな賢治の理想も結局は叶わぬまま、肺結核が悪化し、病臥(びょうが)生活を送るようになります。最後の5年は病床で、作品の創作や改稿を行っていましたが、昭和8年(1933)9月に、急性肺炎により37歳の若さで亡くなりました。

 生前刊行された作品は、詩集『春と修羅』と童話集『注文の多い料理店』(1924)のみです。『銀河鉄道の夜』や『風の又三郎』など、宮沢賢治の代表作といわれる作品は、死後に刊行され、その多くは現代のわたしたちにも影響を与えてくれています。

 また、作品中に多く登場する架空の理想郷に、郷里の岩手県をモチーフとして『イーハトーブ』と名付けたことでも知られています。

 宮沢賢治の人生を詳しく知りたい方は 宮沢賢治『略年譜』【心象中の理想郷を追い求めたその生涯!】、また、宮沢賢治に関係する人々のことを知りたい方は、宮沢賢治『雨ニモマケズ』【宗教観と科学・影響を与えた人々!】 を、ご覧になって下さい。

花巻農学校教諭時代の賢治

宮沢賢治『よだかの星』を読み、現代のいじめ問題を考えよう!
宮沢賢治『なめとこ山の熊』を読み自然との共存を考える!
宮沢賢治『注文の多い料理店』【自然を私物化する人間の愚かさ】
宮沢賢治『グスコーブドリの伝記』【身を捨て他者に尽くす精神】
宮沢賢治『オツベルと象』【強欲に憑かれた男の末路】
宮沢賢治『セロ弾きのゴーシュ』【こじらせ男子の成長物語!】
宮沢賢治『永訣の朝』【妹トシからの最期の贈り物】
宮沢賢治『無声働突』【妹トシ子の臨終を描いた心象スケッチ!】

羅須地人協会(らすちじんきょうかい)とは?

 大正15年(1926)に、宮沢賢治が現在の岩手県花巻市に設立した私塾のことです。
若い農民たちに、植物や土壌といった農業と関連する科学的知識を教え、そのほか、自らが唱える「農民芸術」の講義も行いました。

 しかしその活動も、保守的な農民の理解は得られず、翌年には休止してしまいます。この私塾がこの名称で活動したのは1926年8月から翌年3月までの約7ヶ月でしたが、その後も賢治は農業指導の活動を続けます。特に農家に出向いての施肥指導はよく知られています。

   羅須地人協会の建物

イーハトーブとは?

 イーハトーブとは宮沢賢治による造語で、賢治の心象世界中にある理想郷を指す言葉です。この造語は賢治の作品中に繰り返し登場します。

 賢治が生前に出版した唯一の童話集である『イーハトヴ童話 注文の多い料理店』の宣伝用広告ちらしの文章は、「イーハトヴ」について以下のような説明がなされています。

イーハトヴとは一つの地名である。強て、その地点を求むるならば、大小クラウスたちの耕していた、野原や、少女アリスが辿った鏡の国と同じ世界の中、テパーンタール砂漠の遥かな北東、イヴン王国の遠い東と考えられる。実にこれは、著者の心象中に、この様な状景をもって実在したドリームランドとしての日本岩手県である。

『イーハトーブ童話 注文の多い料理店』新刊案内のチラシ

童話『やまなし』について

 宮沢賢治の短編童話『やまなし』は、大正12(1923)年、4月8日付の『岩手毎日新聞』(1933年廃刊。現在の『毎日新聞』とは無関係)に掲載された、賢治の数少ない生前発表童話の一つです。

『やまなし』あらすじ(ネタバレ注意!)

※ 物語は谷川の底を舞台とし、「蟹の視点」で展開されていきます。

一、五月
 二匹の兄弟蟹が、何やら不思議な会話を交わしています。
「クラムボンは笑ったよ。」
「クラムボンはかぷかぷ笑ったよ。」

 頭上には泡が流れて行きます。一匹の魚も通り過ぎていきました。それにも関わらず蟹の会話は続いています。
「クラムボンは死んだよ。」
「クラムボンは殺されたよ。」
兄さん蟹は「なぜ、殺されたの?」と訊ねると、弟蟹は「わからない。」と答えました。

 水面の方では相変わらず、魚が上流と下流を行ったり来たりしています。弟蟹は今度「魚は何をしているの?」と、聞きます。すると兄さん蟹は「何か悪いことをしているんだよ。」と、言いました。

 その魚がまた、上流から戻ってきたときです。突然、白い泡がたち、鉄砲玉のようなものが水中に飛び込んできました。次の瞬間―――魚は跡形もなく消えてしまっていたのです。二匹の蟹は声も出せずに、ぶるぶると震えていました。

 このことを、お父さん蟹に話すと「そいつは鳥だよ。かわせみと言うんだ。」と、教えてくれました。そして「お魚はどこに行ったの?」と聞くと「魚は怖い所へ行った。」と言いました。

 そのとき、上流から白い樺の花びらが沢山流れてきます。その花びらの影は、ゆらゆらと、静かに砂を滑っていきました。


二、十二月
 蟹の兄弟は大きくなり、季節も夏から秋へとすっかり変わっています。
「やっぱり僕の泡は大きいね。」
「大きくないや、おんなじだい。」

 この日あまりにも月が明るく水が綺麗なので、兄弟は眠らず、吐く泡の大きさを競い合っていたのです。お父さん蟹は、「もう寝ろ。遅いぞ!」と、𠮟りますが、止める様子はありません。

 そのとき―――「トブン」と、大きくて円いものが、水中に飛び込んできました。
兄弟は「かわせみだ。」と怖がります。が、お父さん蟹はそれを「やまなしだ。」と、言いました。

 蟹の親子は、やまなしの後を追いかけます。とてもいい匂いがしています。間もなく、やまなしは、木の枝に引っかかって止まりました。お父さん蟹は「よく熟している、いい匂いだろう。」と言います。

 そして「二日くらい待つと下に沈んできて、ひとりでに美味しいお酒ができるから。」と、兄弟蟹に教え「おいで。」と言い、自分たちの住む穴へと帰って行くのでした。

青空文庫 『やまなし』 宮沢賢治
https://www.aozora.gr.jp/cards/000081/files/46605_31178.html

スポンサーリンク

あとがき【『やまなし』の感想と〈クラムボン〉という造語について】

 〈クラムボン〉という造語について、これまで研究者の間で、色んな説が唱えられてきました。

 アメンボや水中の小さな生き物説、泡説、光説、プランクトン説、母蟹説、妹のトシ子説、あるいは、「解釈する必要は無い」とするもの等々、作者亡き今、新たな一次資料が見つからない限り、決着することは無いでしょう。

 しかし、だからこそ『やまなし』は、今も読み継がれ、教科書に掲載されているのだと思います。連記したそれぞれの説に従い、空想するだけでも物語の味わいが違ってきます。

 生き物やプランクトンなら食物連鎖をイメージしますし、泡や光なら物語の幻想さを色濃くしてくれます。そして、母蟹や妹のトシ子なら、追憶の会話のようにも聞こえます。

 わたしには、この造語が、魔法の呪文のように思えてなりません。〈クラムボン〉を唱え、それを読者が空想するだけで、世界観が目まぐるしく変わるのですから。

 余談になりますが、言いたくなる言葉ってありますよね。例えば「赤坂サカス」や「マチュピチュ」、「ミラジョボビッチ」なんかもそうです。〈クラムボン〉もまた、その系統のような気もします。

 宮沢賢治が〈クラムボン〉という言葉を何度も口ずさみ、物語を創作していたとするなら、それを想像するだけでも愉快な気持ちになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました