一読三嘆、名著から学ぶ

スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

夏目漱石『現代日本の開化』【人の幸福度は昔から変わらない!】

夏目漱石の講演録『現代日本の開化』の要約や感想、時代背景と解説、そして作者について等を載せています。「散切り頭をたたいてみれば,文明開化の音がする。」これは明治初期にさかんに歌われた有名な流行り歌(都々逸)の歌詞の一節です。
一読三嘆、名著から学ぶ

山川方夫『夏の葬列』【罪責感の呪縛からは逃れられないのか?】

山川方夫の短編(掌編)小説『夏の葬列』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。「罪責感」という言葉があります。一般的に重大な過失を犯したという理由で「誰それに対して申し訳ない」と自分を責めたり苛む意識や感情のことです。
一読三嘆、名著から学ぶ

安部公房『詩人の生涯』【人は貧しさのために貧しくなる!】

安部公房の短編小説『詩人の生涯』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。昭和24(1949)年に発行された雑誌『みづゑ』に、安部公房は『シュールリアリズム批評』というエッセイを寄稿しています。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

三島由紀夫『白鳥』【恋人同士は美しい世界しか見えなくなる!】

三島由紀夫の短編小説『白鳥』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。三島由紀夫は、とあるインタビューで初期の作品について、「自分だけの綺麗な言葉で綺麗なものを創り出そうという以上のことは考えていませんでしたね。」と、語っています。
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『鼻』【「同情と非情」人間の矛盾する二つの感情!】

芥川龍之介の短編小説(掌編小説)『鼻』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。芥川龍之介の『鼻』が、大正15(1915)年末から師事していた夏目漱石の賞賛を受け、文壇に華々しく登場したことは有名なエピソードです。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『斜陽』【人間は恋と革命のために生れて来たのだ!】

太宰治の小説『斜陽』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、創作の背景、そして作者について等を載せています。昭和20年7月31日、太宰一家は、疎開先の甲府から青森県金木の太宰の生家に疎開先を移します。この疎開で、太宰は、生家の没落を目の当たりにします。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『桜桃』【「子供より親が大事と思いたい」の真意!】

太宰治の短編小説『桜桃』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。6月19日は太宰治の忌日、「桜桃忌」(「太宰忌」ともいう)です。ちなみに「桜桃忌」の名付け親は、同郷で太宰と親交の深かった直木賞作家・今官一です。
一読三嘆、名著から学ぶ

井伏鱒二『太宰治のこと』【「桜桃忌」に読みたい作品④!】

井伏鱒二の随筆『太宰治のこと』のあらすじや感想、そして作者や太宰について等を載せています。太宰の死から約50年後の平成10(1998)年5月23日、遺族らは太宰の遺書を公開します。妻の美知子宛には「お前を誰よりも愛してゐました」と書かれていました。
一読三嘆、名著から学ぶ

坂口安吾『不良少年とキリスト』【「桜桃忌」に読みたい作品③!】

坂口安吾の随筆『不良少年とキリスト』のあらすじと感想、そして作者や太宰について等を載せています。誰かの「死」に直面したとき、人の「心」は不安定になるものです。それは近親者のときばかりとは限りません。間接的に影響を受けた人でも同様です。
一読三嘆、名著から学ぶ

佐藤春夫『稀有の文才』【「桜桃忌」に読みたい作品②!】

佐藤春夫の随筆『稀有の文才』のあらましや感想、そして作者と太宰の関係性等について載せています。昭和10年、第1回芥川賞が創設され、太宰治の『逆行』が候補となります。しかし川端康成から「作者、目下の生活に厭な雲あり」と評され、落選してしまいます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました