一読三嘆、名著から学ぶ

スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

安部公房『事業』あらすじと解説【道徳をよそおうことが道徳!】

安部公房の短編小説『事業』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。大東亜戦争(太平洋戦争)が終わった直後の日本では、食べ物が不足し、飢えに苦しむ人たちが街中にあふれていたと言われています。
一読三嘆、名著から学ぶ

安部公房『洪水』あらすじと解説【堕落した人類の結末!!】

安部公房の短編小説『洪水』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。「ノアの方舟」は旧約聖書の『創世記』(6章~9章)に登場する物語です。地上に増えた人類の堕落を見た主(神)は、これを洪水で滅ぼそうとします。
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治『烏の北斗七星』あらすじと解説【戦いのない世界へ!】

宮沢賢治の童話『烏の北斗七星』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。宮沢賢治の父・政次郎は浄土真宗の熱心な門徒でした。そんな環境で育った賢治も幼い頃から仏前に正座して浄土真宗の経を暗誦していたと伝えられています。
スポンサーリンク
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治『月夜のでんしんばしら』あらすじと解説【影の功労者!】

宮沢賢治の童話『月夜のでんしんばしら』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。明治15(1882)年11月1日、東京銀座の街路に電灯(アーク灯)が設置されます。この時の電源には発電機が使用されました。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『恥』あらすじと解説【小説家なんて人の屑だわ!】

太宰治の短編小説『恥』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。昨今、職場またはプライベートにおいて「バイアス」という言葉をよく耳にするようになりました。「先入観」や「偏見」を意味する言葉です。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『走れメロス』あらすじと解説【信頼されることの重み!】

太宰治の短編小説『走れメロス』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、作者について等を載せています。昭和11年11月、太宰の内縁の妻・初代が、太宰の友人・檀一雄にある依頼をします。それは当時熱海に逗留していた太宰に「お金を届けて欲しい」との依頼でした。
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『藪の中』あらすじと解説【真実は当人のみぞ知る!】

芥川龍之介の短編小説『藪の中』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。黒澤明監督の映画『羅生門』(1950年)と言えば、最も有名な日本映画として、今もなお世界中の映画ファンから愛され続けています。
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『蜜柑』あらすじと解説【純粋無垢な姉弟の思いやり!】

芥川龍之介の掌編小説『蜜柑』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。厚生労働省の「国民生活基礎調査」によると、子どもの貧困率は11.5%、ひとり親世帯では44.5%と半数近くが困窮にあえぐ状況となっています。
名著から学ぶ(童話)

小川未明『白い門のある家』あらすじと解説【忘却する過去!】

小川未明の童話『白い門のある家』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。よく「現代人は忙しい」という声を聞きますが、結論から言うと事実と言えるでしょう。けれどもあくまでそれは精神的な忙しさのことです。
名著から学ぶ(童話)

新美南吉『花のき村と盗人たち』あらすじ【美しい心は人を救う!】

新美南吉の童話『花のき村と盗人たち』のあらすじと感想、そして作者について等を載せています。昨今、国連が掲げる持続可能な開発目標(略称・SDGs)が頻繁にメディアに取り上げられるようになり、「環境問題」への注目度が急速に高まってきています。
スポンサーリンク