スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

安部公房『赤い繭』【社会から受ける疎外感の果てに・・・】

安部公房の短編小説『赤い繭』のあらすじや感想、社会背景や解説等について載せています。わたしたちは、何かしらの共同体に属し、日々の生活を送っています。現代社会ではインターネット上での集まりのように、共同体の形も個人の欲求に伴い、多様化していっています。
一読三嘆、名著から学ぶ

安部公房『鞄』【自由――選ぶ道がなければ、迷うこともない!】

安部公房の短編小説『鞄』のあらすじや感想、解説や解釈、そして作者について等を載せています。フリーダム(freedom)とリバティー(liberty)、どちらも日本語に訳すと「自由」を意味します。ところが、使い方は異なるようです。
一読三嘆、名著から学ぶ

中島敦『弟子』【お互いを認め合う美しき「師弟愛」!!】

中島敦の短編小説『弟子』のあらすじや感想、または解説、登場する孔子や子路のこと、そして作者について等を載せています。「儒教」は美しいものに絶対基準を作り、そこから遠ざかるにしたがって美しくないとする思想です。一方「荘子」の思想とは、儒教の全面否定です。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

『車輪の下』ヘルマン・ヘッセ【心の悲鳴に耳をすまそう!!】

ヘルマン・ヘッセの小説『車輪の下』のあらすじや感想、解説、そして作者について等を載せています。少し前から「親ガチャ」というキーワードが目立つようになってきました。けれども、報じているマスメディアがどこか他人事なのは気のせいでしょうか。
一読三嘆、名著から学ぶ

宮沢賢治が『鹿踊りのはじまり』で語る【ほんとうの精神とは?】

宮沢賢治の童話『鹿踊りのはじまり』の解説や感想、あらすじ、そして作者について等を載せています。さて、その地方の言葉を「方言」といいますが「お国言葉」という呼び方もあります。個人的には「お国言葉」のほうがどこか温かみを感じます。
一読三嘆、名著から学ぶ

『少年の日の思い出』ヘルマン・ヘッセ【劣等感が招いた悲劇!】

ヘルマン・ヘッセの短編小説『少年の日の思い出』の解説や感想、あらすじや作者について等を載せています。「覆水盆に返らず」ということわざがあります。本来、夫婦関係について使うものですが、最近では「取り返しがつかない」という意味で用いられています。
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『トロッコ』【「憧れ・喜び」が「不安・恐怖」へ!】

芥川龍之介の短編小説『トロッコ』のあらすじや感想、ひとこと解説、そして作者について等を載せています。わたしの知人に自称「廃線マニア」が一人いるのですが、何年か前その知人の誘いで、かつては国鉄が走っていたというルートを散策したことがあります。
一読三嘆、名著から学ぶ

菊池寛『藤十郎の恋』【女遊びは芸の肥やしと言うけれど・・・】

菊池寛の短編小説『藤十郎の恋』のあらすじや感想、そして物語に登場する初世・坂田藤十郎や近松門左衛門のことについて等を載せています。以前、古典芸能に興味を持ち始めたと書きましたが、今もその熱は冷めず、劇場デビューに備えて少しずつ勉強しています。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『待つ』【「果報は寝て待て」というけどどうなの?】

太宰治の短編小説『待つ』のあらすじや感想、ひとこと解説、そして作者について等を載せています。さて、「不安」とは誰もが普通に経験する神経質、心配、困惑の感情です。それが複数、または、はっきりとしない漠然としたものなら持て余してしまうことでしょう。
一読三嘆、名著から学ぶ

「掌の小説」川端康成『雨傘・木の上』二つの甘酸っぱい恋物語!

川端康成の「掌の小説」の中から、『雨傘』『木の上』と二つの掌編小説のあらすじや感想を載せています。さて「掌(たなごころ)」―――とは、手のひら・手の内側・手の裏のことですが「手の心」という意味もあります。なんと美しい言葉ではないでしょうか。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました