スポンサーリンク
介護サービス情報

介護問題について思うこと【介護電話相談窓口】

戦前までの日本には大家族制度といった運命共同体が存在していました。家長を筆頭に兄弟、配偶者、そしてその子供や孫までも、同じ屋根の下で暮らしていたものです。家族同士が助け合って家計を支え、育児や老人介護を分担していました。いにしえより、長い歳月をかけて築かれた、社会的結びつきは、人々の助け合い精神も同時に育みました。
こころを豊かにするメソッド

西郷隆盛『敬天愛人』の精神【島津斉彬の人材育成術!】

薩摩藩主・島津斉彬が「いかにして西郷隆盛という人間を育てあげたのか?」といったことなどを、エピソードを交えながら紹介しています。それにしても有難いことに、先人たちは、現代社会に生きるわたしたちに、大きな教訓を残してくれているものですね。
一読三嘆、名著から学ぶ

中島敦『名人伝』【名人という幻影を祭り上げる群衆心理!!】

中島敦の短編小説『名人伝』のあらすじや感想、そして作家・中島敦について載せています。それにしても、ネットでの誹謗中傷が後を絶たないようです。ひとたび批判の標的とされたら、凄まじい勢いで攻撃をされ、とことんまで追い込まれてしまいます。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

葛西善蔵『子をつれて』【困窮者を拒絶する社会風潮とは?】

葛西善蔵『子をつれて』のあらすじや感想、そして作者・葛西善蔵についてなどを載せています。ところで、総務省が5月28日に発表した4月の完全失業率が、2.8%となっていました。わたしの周りでも、職を失った人が増えてきています。明日は我が身といった心境です。
老人介護をしながらでも楽しく暮らす方法

【老化とボケを防止する】『抗酸化食品』の秘められたパワー!

「食は人の天なり」ーーこの言葉は、かの兼好法師が『徒然草』のなかで語った言葉です。人の身体は口から摂るものだけでできています。つまり、食習慣を見直すだけでも病気予防に繋がるのです。そこで近年脚光を浴びている “ 抗酸化食品 ” について書いていこうと思っています。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治・新釈諸国噺『破産』【倹約ストレスが浪費へと!】

太宰治の新釈諸国噺『破産』のあらすじや感想、そして原作者である井原西鶴のことなどを載せています。こんなご時世だからでしょうか、書店に “ 節約術 ” なる本が多く並べられています。節約=暗いといったイメージからは遠く、楽しく節約をしょうといった内容です。
一読三嘆、名著から学ぶ

オー・ヘンリー『理想郷の短期滞在者』【叶えよう変身願望!】

オー・ヘンリーの短編小説『理想郷の短期滞在者』のあらすじと感想を載せています。変身願望のことを自己否定だという人がいます。けれども、誰もが一度や二度は「違った人生を歩んだ自分」を想像したことがあると思います。わたしは勿論肯定派です。
古き良き日本の再発見

『終活』するなら「仏教」を学ぼう!【仏教の宗派と歴史】

高齢者を抱える家族が考えておかなければいけないことは多くあります。その一つが “ 仏教 ” という宗教についてです。そこで、日本における仏教の宗派、歴史について調べてみたのですが、身近なものの筈なのに、その反面???といった現実にぶつかりました。
一読三嘆、名著から学ぶ

宮沢賢治『オツベルと象』【強欲に憑かれた男の末路】

宮沢賢治の童話『オツベルと象』のあらすじと解説、そして感想などを載せています。人間誰しもが欲望を持っています。それは生きていく以上、必要な本能なのでしょう。けれども度を超すと哀れな末路をたどる場合もあります。悲しき人間の業と言うべきか・・・。
一読三嘆、名著から学ぶ

菊池寛『奉行と人相学』【人は見かけによらぬものなのか?】

菊池寛の短編小説『奉行と人相学』のあらすじと、登場人物について、そして感想を載せています。ところで、もしも「人相学」で人間を判断できたらどんなに楽でしょうか。きっと人に騙されることもなくなります。ですから、人間不信に陥ることもなくなります。
老人介護をしながらでも楽しく暮らす方法

災害時の備え!【如何にして高齢の家族と自分を守るのか?】

改めて言う必要もないのですが、我が日本という国は世界に類を見ない、自然災害大国です。十年前の東日本大震災――それは被災者のみならず、全ての人類に衝撃を与えたと言っても良いでしょう。このような未曾有の災害は稀だとしても、毎年のように尊い命が奪われる自然災害が起きています。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました