スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

坂口安吾『不良少年とキリスト』【「桜桃忌」に読みたい作品③!】

坂口安吾の随筆『不良少年とキリスト』のあらすじと感想、そして作者や太宰について等を載せています。誰かの「死」に直面したとき、人の「心」は不安定になるものです。それは近親者のときばかりとは限りません。間接的に影響を受けた人でも同様です。
一読三嘆、名著から学ぶ

佐藤春夫『稀有の文才』【「桜桃忌」に読みたい作品②!】

佐藤春夫の随筆『稀有の文才』のあらましや感想、そして作者と太宰の関係性等について載せています。昭和10年、第1回芥川賞が創設され、太宰治の『逆行』が候補となります。しかし川端康成から「作者、目下の生活に厭な雲あり」と評され、落選してしまいます。
一読三嘆、名著から学ぶ

豊島与志雄『太宰治との一日』【「桜桃忌」に読みたい作品①!】

豊島与志雄の随筆『太宰治との一日』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。6月19日は太宰治の忌日、「桜桃忌」です。昭和23年6月13日深夜から14日未明にかけて、太宰治は戦争未亡人の山崎富栄とともに玉川上水に入水自殺しました。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

田山花袋『蒲団』【恋はいつ惑溺するか解らない!!】

田山花袋の短編小説『蒲団』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。「良妻賢母」という四文字熟語があります。文字の如く、“ 良き妻であり賢い母である ” という意味です。現代では男尊女卑の意味合いの強いこの言葉は敬遠されがちです。
一読三嘆、名著から学ぶ

オー・ヘンリー『自動車を待つ間』【自分を繕ったとしても!】

オー・ヘンリーの短編小説『自動車を待つ間』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。わたしがオー・ヘンリーの作品を読み始めたのは高校に入って間もなくの頃でした。動機はかなり不純で、好意を抱いていた女性がオー・ヘンリーを読んでいたからです。
一読三嘆、名著から学ぶ

菊池寛『恩を返す話』【人間関係の「ねじれ」が生み出す苦悩!】

菊池寛の短編小説『恩を返す話』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。以前読んだ本に、「日本人は他国の人よりも “ 恩恵 ” を受けたとき、肯定的感情よりも負債感情のほうが大きく働く」と書いてありました。
一読三嘆、名著から学ぶ

宮沢賢治『どんぐりと山猫』【「馬鹿が一番偉い」の持つ意味!】

宮沢賢治の童話『どんぐりと山猫』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。新約聖書『ルカによる福音書』(9章46~48節)に「弟子たちの間で、誰が一番偉いかという議論が持ち上がった」とあります。
一読三嘆、名著から学ぶ

小川未明『酒倉』『強い大将の話』【子供に読ませたい童話!!】

小川未明の童話『酒倉』『強い大将の話』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。「戦争と虐殺とは事実に於て同じです。戦争のある限り何処かに於て、やはり虐殺が行われている。」この文章には小川未明の戦争観が表れています。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『たずねびと』【見ず知らずの人々からの善意の救済!】

太宰治の短編小説『たずねびと』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。第二次世界大戦末期、日本政府は、都市への空襲被害を軽減するため、都市に集中している施設や人員を地方へと分散させる「疎開」という政策を実施します。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『薄明』【絶望の淵に見る微かな希望の光!!】

太宰治の短編小説『薄明』のあらすじや感想、創作の背景等を載せています。今このときも、空襲警報の鳴り響く中、逃げ惑っている人たちがいます。激しい爆撃音の恐怖に耳をふさいでいる人たちがいます。大切な人の命を奪われて深い悲しみに暮れている人たちがいます。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました