スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『トロッコ』【「憧れ・喜び」が「不安・恐怖」へ!】

芥川龍之介の短編小説『トロッコ』のあらすじや感想、ひとこと解説、そして作者について等を載せています。わたしの知人に自称「廃線マニア」が一人いるのですが、何年か前その知人の誘いで、かつては国鉄が走っていたというルートを散策したことがあります。
一読三嘆、名著から学ぶ

菊池寛『藤十郎の恋』【女遊びは芸の肥やしと言うけれど・・・】

菊池寛の短編小説『藤十郎の恋』のあらすじや感想、そして物語に登場する初世・坂田藤十郎や近松門左衛門のことについて等を載せています。以前、古典芸能に興味を持ち始めたと書きましたが、今もその熱は冷めず、劇場デビューに備えて少しずつ勉強しています。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『待つ』【「果報は寝て待て」というけどどうなの?】

太宰治の短編小説『待つ』のあらすじや感想、ひとこと解説、そして作者について等を載せています。さて、「不安」とは誰もが普通に経験する神経質、心配、困惑の感情です。それが複数、または、はっきりとしない漠然としたものなら持て余してしまうことでしょう。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

「掌の小説」川端康成『雨傘・木の上』二つの甘酸っぱい恋物語!

川端康成の「掌の小説」の中から、『雨傘』『木の上』と二つの掌編小説のあらすじや感想を載せています。さて「掌(たなごころ)」―――とは、手のひら・手の内側・手の裏のことですが「手の心」という意味もあります。なんと美しい言葉ではないでしょうか。
一読三嘆、名著から学ぶ

司馬遼太郎『燃えよ剣』【土方歳三はなぜ剣のために生きたのか!】

司馬遼太郎の小説『燃えよ剣』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。かなり前になりますが、東京都日野市で土方歳三の足跡をたどったことがあります。当時はネットなどもなく、ガイドブックと司馬遼太郎の本だけが頼りでした。
一読三嘆、名著から学ぶ

秋田雨雀『三人の百姓』【大切なものを伝える児童文学の王道!】

秋田雨雀の童話『三人の百姓』のあらすじや感想、そして作家のこと、児童文学の歴史について等を載せています。児童文学……というよりも童話といったほうが、わたしたちの耳に慣れ親しんでいると言えるでしょう。つまりは、子供を対象とした文学作品のことです。
一読三嘆、名著から学ぶ

志賀直哉『城の崎にて』【生かされていることに感謝!】

志賀直哉の短編小説『城の崎にて』のあらすじや解説、そして感想や作者について等を載せています。『城の崎にて』を始めて読んだのは確か、高二の夏休みだったと記憶しています。先生が何作か小説の候補を上げ、その一つを感想文にするようにと課題があったからでした。
一読三嘆、名著から学ぶ

夏目漱石の『こころ』を読み【真の贖罪とは何かを考える!】

夏目漱石の小説『こころ』のあらすじや感想、そして作者や乃木希典等について載せています。「後悔先に立たず」ということわざがあります。今から思えば、“ あの時こうすればよかった。ああすればよかった ” と、わたしたちは過去を悔やみ続けながら生きていると言えるでしょう。
一読三嘆、名著から学ぶ

宮沢賢治『やまなし』【〈クラムボン〉を空想して楽しもう!】

宮沢賢治の童話『やまなし』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。宮沢賢治は、自らの詩作品を〈心象スケッチ〉と呼び、童話作品を〈イーハトーブ童話〉と規定していることから、その独特な世界観は、造語によって彩られているといってもいいでしょう。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『葉桜と魔笛』【神さまは在る。きっといる。ホント?】

太宰治の短編小説『葉桜と魔笛』の感想やあらすじ、そして作者のこと等について載せています。「己れを愛するがごとく、汝の隣人を愛せ」――説明するまでもなく、イエス・キリストの言葉です。けれども、それができない人間を赦そうというのも、キリスト教の教えです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました