スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

志賀直哉『城の崎にて』【生かされていることに感謝!】

志賀直哉の短編小説『城の崎にて』のあらすじや解説、そして感想や作者について等を載せています。『城の崎にて』を始めて読んだのは確か、高二の夏休みだったと記憶しています。先生が何作か小説の候補を上げ、その一つを感想文にするようにと課題があったからでした。
一読三嘆、名著から学ぶ

夏目漱石の『こころ』を読み【真の贖罪とは何かを考える!】

夏目漱石の小説『こころ』のあらすじや感想、そして作者や乃木希典等について載せています。「後悔先に立たず」ということわざがあります。今から思えば、“ あの時こうすればよかった。ああすればよかった ” と、わたしたちは過去を悔やみ続けながら生きていると言えるでしょう。
一読三嘆、名著から学ぶ

宮沢賢治『やまなし』【〈クラムボン〉を空想して楽しもう!】

宮沢賢治の童話『やまなし』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。宮沢賢治は、自らの詩作品を〈心象スケッチ〉と呼び、童話作品を〈イーハトーブ童話〉と規定していることから、その独特な世界観は、造語によって彩られているといってもいいでしょう。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『葉桜と魔笛』【神さまは在る。きっといる。ホント?】

太宰治の短編小説『葉桜と魔笛』の感想やあらすじ、そして作者のこと等について載せています。「己れを愛するがごとく、汝の隣人を愛せ」――説明するまでもなく、イエス・キリストの言葉です。けれども、それができない人間を赦そうというのも、キリスト教の教えです。
一読三嘆、名著から学ぶ

小川未明『赤い蝋燭と人魚』【老夫婦の犯した罪と罰!】

小川未明の童話『赤い蝋燭と人魚』のあらすじや感想、そして元となった雁子浜(がんごはま:新潟県上越市大潟区)に伝わる人魚伝説のこと、また作者について等を載せています。さて、人魚といえば、アンデルセンの『人魚姫』を思い浮かべる人が多いでしょう。
一読三嘆、名著から学ぶ

森鴎外『舞姫』【立身出世思想と真の愛情、どっちを選ぶか?】

森鴎外の短編小説『舞姫』のあらすじや感想、物語の時代、そして作者・森鴎外について等を載せています。「私(俺)と仕事、どっちが大事なの?」―――恋愛ドラマでよく耳にする台詞ですが、実際に言われた経験のある方もいるのではないでしょうか。
一読三嘆、名著から学ぶ

魯迅『故郷』【「希望」とは地上の道のようなもの!】

魯迅の短編小説『故郷』のあらすじや感想、物語の時代背景、または作者について等を載せています。「ふるさとは遠きにありて思ふもの」これは室生犀星の有名な詩の一節ですが、ふるさとを離れた人の多くが、一度や二度は、この詩のような心理状態になるような気がします。
一読三嘆、名著から学ぶ

オー・ヘンリー『魔女のパン』【「してあげる」は自己愛!】

オー・ヘンリーの短編小説『魔女のパン』のあらすじや感想、そして作者オー・ヘンリーのこと等を載せています。さて、「もしかしたら彼(彼女)は自分に好意を抱いている?」このような「思い込み」をしてしまい、失敗をするといった経験をされた方も多いと思います。
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『捨児』【たとえ血が繋がっていなくとも!】

芥川龍之介の短編小説『捨児』のあらすじや感想、そして芥川龍之介の二人の母について等々を載せています。さて、遡ること10年余り前の2007年、熊本県の慈恵病院に「こうのとりのゆりかご」、いわゆる「赤ちゃんポスト」が設置され、大きな議論を巻き起こしました。
一読三嘆、名著から学ぶ

宮沢賢治『無声働突』【妹トシ子の臨終を描いた心象スケッチ!】

宮沢賢治の詩集 “ 春と修羅 ” の中の『松の針』『無声働突』についての解説や感想等を載せています。以前に宮沢賢治の詩『永訣の朝』について書きましたが、『永訣の朝』は “ 無声慟哭 ” という5篇からなる詩のうちの1篇です。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました