スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

小川未明『赤い蝋燭と人魚』【老夫婦の犯した罪と罰!】

小川未明の童話『赤い蝋燭と人魚』のあらすじや感想、そして元となった雁子浜(がんごはま:新潟県上越市大潟区)に伝わる人魚伝説のこと、また作者について等を載せています。さて、人魚といえば、アンデルセンの『人魚姫』を思い浮かべる人が多いでしょう。
一読三嘆、名著から学ぶ

森鴎外『舞姫』【立身出世思想と真の愛情、どっちを選ぶか?】

森鴎外の短編小説『舞姫』のあらすじや感想、物語の時代、そして作者・森鴎外について等を載せています。「私(俺)と仕事、どっちが大事なの?」―――恋愛ドラマでよく耳にする台詞ですが、実際に言われた経験のある方もいるのではないでしょうか。
一読三嘆、名著から学ぶ

魯迅『故郷』【「希望」とは地上の道のようなもの!】

魯迅の短編小説『故郷』のあらすじや感想、物語の時代背景、または作者について等を載せています。「ふるさとは遠きにありて思ふもの」これは室生犀星の有名な詩の一節ですが、ふるさとを離れた人の多くが、一度や二度は、この詩のような心理状態になるような気がします。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

オー・ヘンリー『魔女のパン』【「してあげる」は自己愛!】

オー・ヘンリーの短編小説『魔女のパン』のあらすじや感想、そして作者オー・ヘンリーのこと等を載せています。さて、「もしかしたら彼(彼女)は自分に好意を抱いている?」このような「思い込み」をしてしまい、失敗をするといった経験をされた方も多いと思います。
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『捨児』【たとえ血が繋がっていなくとも!】

芥川龍之介の短編小説『捨児』のあらすじや感想、そして芥川龍之介の二人の母について等々を載せています。さて、遡ること10年余り前の2007年、熊本県の慈恵病院に「こうのとりのゆりかご」、いわゆる「赤ちゃんポスト」が設置され、大きな議論を巻き起こしました。
一読三嘆、名著から学ぶ

宮沢賢治『無声働突』【妹トシ子の臨終を描いた心象スケッチ!】

宮沢賢治の詩集 “ 春と修羅 ” の中の『松の針』『無声働突』についての解説や感想等を載せています。以前に宮沢賢治の詩『永訣の朝』について書きましたが、『永訣の朝』は “ 無声慟哭 ” という5篇からなる詩のうちの1篇です。
一読三嘆、名著から学ぶ

新美南吉『ごんぎつね』【小さな悪戯心が払った大きな代償!】

新美南吉の童話『ごんぎつね』のあらすじや感想、個人的な解釈、そして作者・新美南吉について等を載せています。さて、ときに悪ふざけが発端で大きな代償を払うといったケースがあります。「バイトテロ」と呼ばれる一連の事件もそのひとつです。ネットの誹謗中傷問題も然りです。
一読三嘆、名著から学ぶ

有島武郎『一房の葡萄』【罪を悔やむ少年を救う白い美しい手!】

有島武郎の童話『一房の葡萄』のあらすじや感想、そして作者のこと等を載せています。物心ついた頃から既に、物欲というものは存在します。わたし自身も、近所の子供が持っていた玩具を見て「どうしてあの玩具が僕にはないの?」と、祖父に言った記憶があります。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『ヴィヨンの妻』【私たちは、生きていさえすればいい!】

太宰治の短編小説『ヴィヨンの妻』のあらすじや感想、そして太宰の女性独白体小説について等を載せています。確か高校二年のときです。初めて太宰の女性独白体小説を読んだのが。―――『女生徒』という作品です。そこには思春期の少女の複雑な心境が描かれていました。
一読三嘆、名著から学ぶ

山本周五郎・日本婦道記『風鈴』【富貴を望まず平穏に生きる!】

山本周五郎・日本婦道記の短編小説『風鈴』のあらすじや感想、そして山本周五郎について等を載せています。人間という生き物は、とかく現状に満足できないようです。つまり常に不満を持って生きています。「不満」=それは向上心の裏返しかもしれません。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました