スポンサーリンク
名著から学ぶ(童話)

豊島与志雄『悪魔の宝』【地道にコツコツ働くのが一番!!】

豊島与志雄の童話『悪魔の宝』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。「悪銭身に付かず」という、ことわざがあります。悪いことや賭け事などで儲けたお金は、どんどん使ってしまって結局貯めることができないという意味で使われます。
一読三嘆、名著から学ぶ

森鴎外『佐橋甚五郎』【「武士の意地」家康と甚五郎との確執!】

森鴎外の短編小説『佐橋甚五郎』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等載せています。1404年、室町幕府第3代将軍・足利義満は、李氏朝鮮との間に対等な外交関係を結びます。このとき朝鮮から派遣された外交使節団のことを「朝鮮通信使」と言います。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『女生徒』【幸福は一夜おくれて来る!!】

太宰治の短編小説『女生徒』のあらすじや感想、創作の背景と解説、そして作者について等を載せています。「中二病」という言葉があります。思春期に特徴的な、自分をよくみせるための背伸びや、自己顕示欲と劣等感が交錯する言動や態度を揶揄する言葉とされています。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『畜犬談』【芸術家は弱い者の味方だったはず!!】

太宰治の短編小説『畜犬談』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。テレビ番組でよく可愛いペットの動画が紹介されていますが、その愛らしい姿に癒されている人も多いことでしょう。わたしもまたそんな一人です。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『巡査と讃美歌』【人生とはままならないもの!】

オー・ヘンリーの掌編小説『巡査と讃美歌』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。「順風満帆」という四字熟語があります。船が帆に追い風をいっぱいに受けて快く進むことを転じて、物事が順調に思いどおりに運ぶという意味で使われます。
名著から学ぶ(童話)

小川未明『時計のない村』【文明がもたらす恩恵とその弊害!】

小川未明の童話『時計のない村』のあらすじや感想、解説と創作の社会的背景、作者について等を載せています。以前、夏目漱石の講演録『現代日本の開化』について書きましたが、その中で漱石は「文明が発達しようと人間の幸福度は変わらない」的な発言をしています。
一読三嘆、名著から学ぶ

「掌の小説」川端康成『十七歳』【イヤデスと言えない苦しみ!】

川端康成の掌編小説『十七歳』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。戦時下に置かれていた日本政府は、昭和13(1938)年に「国家総動員法」を公布し、若年層にまで勤労奉仕を強いるようになります。
一読三嘆、名著から学ぶ

志賀直哉『焚火』【子を想う母と母を想う子の不思議な交感!】

志賀直哉の短編小説『焚火』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。「虫の知らせ」という言葉があります。説明するまでもないですが、「なんとなく良くないことが起こりそうな気がすること。予感がすること。」を意味する言葉です。
一読三嘆、名著から学ぶ

織田作之助『婚期はずれ』【つまらぬ見栄がチャンスを奪う!】

織田作之助の短編小説『婚期はずれ』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。内閣府が公表した「令和4年版男女共同参画白書」によると、「20代独身男性の約4割がデートをしたことがない」との調査結果が発表され大きな話題となりました。
一読三嘆、名著から学ぶ

永井荷風『羊羹』【昔からの富裕層は今でもやはり富裕層!】

永井荷風の短編小説『羊羹』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。昨今良く耳にするようになった言葉に「マウント」があります。ちなみに「マウント」とは、自分の優位性を周囲の人々にアピールする行為のことです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました