スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

井伏鱒二『へんろう宿』あらすじと解説【「お接待」慈悲の心!】

井伏鱒二の短編小説『へんろう宿』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。日本で行われている巡礼の一つに「お遍路」というものがあります。特に弘法大師の修行の足跡、四国八十八カ所を巡る「お遍路」は有名です。
一読三嘆、名著から学ぶ

井伏鱒二『屋根の上のサワン』あらすじと解説【手放すことも愛!】

井伏鱒二の短編小説『屋根の上のサワン』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。テレビや動画配信サービスから流れてくる「動物映像」に日々癒されている方も多いと思います。かくいう私もそんな一人です。
一読三嘆、名著から学ぶ

菊池寛『父帰る』あらすじと解説【家族愛――「情」と「涙」!】

菊池寛の戯曲『父帰る』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。落語の一ジャンルに「人情噺」というものがあります。文字の如く人情を主題とした小噺のことで、『芝浜』や『鰍沢』、『火事息子』『文七元結』などが有名です。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

川端康成『日向』あらすじと解説【失った家族への憧れと希望!】

川端康成の掌編小説『日向』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。誰にでも「癖」というものがあると思います。例え自分で気づいていなくても他人から指摘されて「はっ!」とするようなことも・・・。
一読三嘆、名著から学ぶ

川端康成『ざくろ』あらすじと解説【きみ子の秘密の喜び!】

川端康成の掌編小説『ざくろ』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。法華経(日蓮宗・法華宗)の寺院で祀られている仏教の神に「鬼子母神」という神様がいます。この鬼子母神、一万人(五百人、千人の説もある)の子の母でした。
一読三嘆、名著から学ぶ

志賀直哉『痴情』あらすじと解説【夫の道楽と妻の苦悩!】

志賀直哉の短編小説『痴情』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。『山科の記憶』は、主人公の「彼」の浮気を発端とするひと悶着が夫婦間で起こるといった内容でしたが、『痴情』はその続編といった形となっています。
一読三嘆、名著から学ぶ

志賀直哉『山科の記憶』あらすじと解説【意識していない浮気心!】

志賀直哉の短編小説『山科の記憶』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。どこからが「浮気」?――「浮気」の定義というものは人それぞれです。中には会話するだけでもアウトと言う人もいるでしょう。
一読三嘆、名著から学ぶ

大岡昇平『野火』あらすじと解説【戦場―狂気の世界と「神」!】

大岡昇平の小説『野火』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。「戦争文学」というジャンルがありますが、文字のごとく戦争を扱った文学のことで、特に近代以降の作品を指してそのように呼びます。
一読三嘆、名著から学ぶ

梶井基次郎『冬の日』あらすじと解説【すべてのものは仮象!】

梶井基次郎の短編小説『冬の日』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。梶井基次郎が松尾芭蕉の俳句をこよなく愛していたことはよく知られています。梶井にとって座右の書と言えば芭蕉の紀行文でした。
一読三嘆、名著から学ぶ

三島由紀夫『志賀寺上人の恋』あらすじと解説【恋と信仰の相剋!】

三島由紀夫の短編小説『志賀寺上人の恋』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。ご存知のとおり『太平記』は、南北朝時代を舞台とした軍記物語で、全40巻という、日本の歴史文学の中では最長とされる作品です。
スポンサーリンク