スポンサーリンク

良寛の『九十戒語』から日本人の言葉を今一度考える!

古き良き日本の再発見
スポンサーリンク

はじめに【良寛和尚の言葉】

 前回書いた、 言挙げしない国、空気を読む習慣【日本人の言葉について】 の続きです。

 「地震は(まこと)に大変に(そうろう)。野僧(※良寛のこと)草庵何事もなく候。親類中、死人もなくめでたく存じ候。うちつけに死なば死なずて(ながら)へて、かかる憂き目を見るがわびしさ、しかし災難にあう時節には、災難にてあうがよく候。死ぬる時節には、死ぬがよく候。是はこれ、災難をのがるる妙法にて候―――良寛

 文政11年(1828年)越後の国(今の新潟県)は大きな地震に襲われます。
それは死者1,559人、けが人2,666人、家屋の被害においては全壊、半壊、焼失を含めると20,000軒を超えるいった悲惨なものでした。

 上記に挙げた言葉はこのとき良寛和尚が、子を失い、打ち(ひし)がれている友人に送った手紙に書かれているものです。

 毎年のように我が国を襲う自然災害を見る度、そして年々衰えていく我が父親の姿を目の当たりにする度、どうしても『死』について考えてしまいます。そんなとき、わたしがいつも何気に思い浮かべてしまうのが、先程の(りょう)(かん)和尚の言葉でした。

 そんな良寛和尚ですが、日本人の言葉を考えるうえで、『九十戒』という、言葉に関する「戒め」も残しています。

スポンサーリンク

良寛和尚の『九十戒語』から日本人の言葉を今一度考える!

良寛とは?

 良寛(俗名:山本栄蔵または文孝、号:大愚、1757/58-1831)とは江戸時代後期、曹洞宗の僧侶(歌人・漢詩人・書家)です。

 良寛は越後出雲崎(新潟県三島郡出雲崎町)で代々名主を務める家の長男として生まれます。良寛は跡を継ぐために名主見習いをしていましたが、見習いを始めて2年目の18歳の時、家督を継がず突如出家してしまいます。

 出家した良寛は、備中玉島(岡山県倉敷市)円通寺(曹洞宗)の国仙和尚のもとで20年近く修行します。



 良寛33歳のとき、印可(修行を終えた者が一人前の僧としての証明)を(たまわ)り、翌年から吉野・高野山・伊勢など、諸国を行脚します。その後、40歳のとき故郷越後に帰り、国上山の山腹の小さな草庵に住んで、子供らと遊び、詩歌を作り、書を書き、日々托鉢して暮らします。

 良寛は74歳で逝去(せいきょ)するまで生涯寺をもたず、粗末な庵に住み、名利にとらわれず、しかも人に仏法を説くこともしませんでした。けれども人々に親しまれ、人々の記憶に深く刻み込まれていきます。特に村の子供たちとよく遊んだやさしい良寛の姿は、現代にも伝えられています。

良寛禅師戒語『九十戒』

一、 言葉の多き
一、 物言いのきわどき
一、 話の長き
一、 講釈の長き
一、 差し出口
一、 手柄話
一、 自慢話
一、 公事(訴訟)の話
一、 諍(いさか)い話
一、 不思議話
一、 物言いの果てしなき
一、 へらず口
一、 人の物言いきらぬうちに物言う
一、 子供をたらす
一、 言葉の違う
一、 たやすく約束する
一、 よく心得ぬことを人に教える
一、 事々しく物言う
一、 引き事(見聞きした事や本で読んだ事)の多き
一、 ことわり(理)の過ぎたる
一、 あの人に言いて良き事をこの人に言う 
一、 その事の果たさぬ内にこの事を言う
一、 へつらう事 
一、 人の話の邪魔する
一、 侮ること
一、 しめやかなる座にて心無く物言う
一、 人の隠す事をあからさまに言う
一. 酒に酔いて理(ことわり)言う
一、 酒に酔いたる人に理(ことわり)言う
一、 腹立てるとき理(ことわり)言う
一、 親切らしく物言う
一、 己が氏素姓の高きを人に語る
一、 人の事聞き取らず挨拶する
  一、 推し量りの事を真事になして言う
一、 悪しきと知りながら言い通す
一、 言葉咎め
一、 物知り顔に言う
一、 見る事聞く事一つ一つ言う
一、 説法の上手下手
一、 役人の良し悪し
一、 よく物の講釈をしたがる
一、 子供の小癪なる
一、 老人のくどき
一、 若い者の無駄話
一、 引き事の違う
一、 押しの強き
一、 珍しき話の重なる
一、 好んで唐言葉を使う
一、 人の理(ことわり)を聞き取らずして己が理を言い通す
一、 都言葉など覚えてしたり顔に言う
一、 よく知らぬ事を憚りなく言う
一、 聞き取り話
一、 人に会って都合よく取り繕って言う
一、 わざと無造作げに言う
一、 悟り臭き話
一、 学者臭き話
一、 茶人臭き話
一、 風雅臭き話
一、 さしても無き事を論ずる
一、 人の器量のある無し
一、 あくびとともに念仏
一、 人に物くれぬ先に何々やろうと言う
一、 くれて後人にその事を語る
一、 ああ致しました、こう致しました、ましたましたのあまり重なる
一、 俺がこうした、こうした
一、 鼻であしらう

(以上九十ヶ条、一部省略)


スポンサーリンク

あとがき【九十の戒めを振り返り!】

 この戒めに触れるたびに、わたしは赤面してしまいます。
普段から気を付けているつもりでも後から考えると、そう言えばあのときこんな言動をしてしまった・・・。とか、あれは言わなくてもよかったものを・・・。みたいな感じで、後悔ばかりが残ってしまうからです。

 勿論、仏道修行を極めた良寛和尚と、わたし達一般人を一概に並べて考えることはできませんが、せめてわたしだけではなく、この国に暮らす全ての人が、良寛和尚の戒めをこころのどこかに置いておくだけでも、人々の繋がりが豊かになるものと考えます

 最後に良寛和尚の辞世の句を紹介して本稿を閉じたいと思います。

 「形見とて 何残すらむ 春は花 夏ほととぎす 秋はもみぢ葉」
 「春は花 夏ほととぎす 秋は月 冬雪さえてすずしかりけり」

コメント

タイトルとURLをコピーしました