一読三嘆、名著から学ぶ

スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『善蔵を思う』そしてわたしは、亡き友人を思う。

太宰治の短編小説『善蔵を思う』のあらすじや感想、そしてタイトルにある同郷の作家・葛西善蔵について等を載せています。先日、とある友人(故人)の三回忌に出席したところ、お寺の住職が『名聞利養』という余り聞き慣れない言葉を法話の中で語られていました。
一読三嘆、名著から学ぶ

菊池寛『恩讐の彼方に』を読み【罪と償いを考える!】

菊池寛の短編小説『恩讐の彼方に』のあらすじや感想、そして物語のモデル禅海和尚につて等を載せています。わたしが言うまでもないことですが、人生とはまさに山あり谷ありです。谷ならまだしも、ときには奈落の底に突き落とされることもあります。
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『杜子春』に学ぶ人生観【人間らしく正直に生きる!】

芥川龍之介の短編小説『杜子春』のあらすじや感想、そして李復言『杜子春伝』との違いについて等を載せています。『宝くじ』で夢を買う。と、人は皆言います。確かに(もしも高額当選が当たったら使い道はどうしようか?)そんなことを空想するだけでも胸が躍ります。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『家庭の幸福』【家庭というエゴイズムへの反逆!】

太宰治の短編小説『家庭の幸福』のあらすじや感想、そして太宰治について、また『家庭の幸福』と同時期に書かれたエッセイ『如是我聞』等を載せています。役人という人種にどのような印象を持っているでしょうか。正直わたしは余り良い印象を持っていません。
一読三嘆、名著から学ぶ

森鴎外『高瀬舟』を読みながら【現代の介護問題を考える!】

森鴎外の短編小説『高瀬舟』のあらすじや感想、そして『高瀬舟縁起』について等を載せています。と、同時に現在の介護問題について考えてみました。真っ先に思い浮かぶのは『老老介護』です。自らの老いとも戦いながら、介護意欲を持続させていくのは困難と言えるでしょう。
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『蜘蛛の糸』と蓮の池散策【お釈迦様真実の教え!】

芥川龍之介の短編小説『蜘蛛の糸』のあらすじや個人的な解釈、そしてお釈迦さまについて等を載せています。児童文学作品として創作されたこの物語ですが、大人になればなるほど味わい深くなっていきます。芥川はこの作品を27歳で書いたというのですから驚くばかりです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました