一読三嘆、名著から学ぶ

スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

菊池寛『奉行と人相学』あらすじと解説【人は見かけで分かる?】

菊池寛の短編小説『奉行と人相学』のあらすじと解説、登場人物、そして作者について等を載せています。もしも「人相学」で人間を判断できたらどんなに楽でしょうか。きっと人に騙されることもなくなります。人間不信に陥ることもなくなります。
一読三嘆、名著から学ぶ

森鴎外『最後の一句』あらすじと解説【痛快なる役人への一言!】

森鴎外の短編小説『最後の一句』のあらすじや感想、物語の時代背景、そして作者について等を載せています。「お役所仕事」という言葉があります。市民の利便性を考えずに行われる行政事務を批判して使われる言葉ですが、何度かこういった場面に遭遇したことがあります。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治・新釈諸国噺『貧の意地』あらすじと解説【心の貧困!】

太宰治・新釈諸国噺『貧の意地』のあらすじや感想、そして物語の元となった井原西鶴『諸国はなし』等について載せています。経済的には豊かとされている我が国でも、昨今は貧困問題がクローズアップされるようになりました。一方で「心の貧困」問題も囁かれています。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

井伏鱒二『山椒魚』あらすじと解説【窮地に陥った者の悲鳴!】

井伏鱒二の短編小説『山椒魚』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。かつて “ 引きこもり問題 ” といえば少年少女の問題でした。しかし、現在は『8050問題』といった中高年の引きこもりが社会問題になっています。
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『おぎん』【キリシタン達が信仰に求めたものとは?】

芥川龍之介の短編小説『おぎん』のあらすじや感想、キリシタン禁制の歴史、そして作者について等を載せています。他国から見ると日本という国は無宗教国家に見えるようです。けれども、正月には初詣という形で神社やお寺に参拝もするし、教会で結婚式を挙げます。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『二十年後』あらすじと感想【歳月人を待たず!】

オー・ヘンリーの短編小説『二十年後』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。「十年一昔」といった言葉があります。―――世の中は移り変わりが激しく、十年もたつともう昔のこととなってしまうといった意味の言葉です。そうなると二十年という歳月は・・・。
一読三嘆、名著から学ぶ

宮沢賢治『永訣の朝』全文と解説【妹・トシからの贈り物!!】

宮沢賢治の詩集「春と修羅」から『永訣の朝』の解説や感想、そして作者について等を載せています。東北地方で生まれ育ったわたしにとって、宮沢賢治という人間は身近な存在でした。中学の国語教師が賢治と同郷だったということもあったからでしょう。
一読三嘆、名著から学ぶ

夏目漱石『夢十夜』【夢は本当に深層心理と関係があるのか?】

夏目漱石の小説『夢十夜』の全十作のあらすじや、作者について等を載せています。子供の頃に、『夢占い』なる本を読んだことがあります。確か見た夢とは真逆の事が起こるといった内容の本でした。例えば、恐怖体験をする夢は吉、幸福な夢を見たときは不吉なのだと。
一読三嘆、名著から学ぶ

山本周五郎『雨あがる』あらすじ【世渡り下手へのエール!!】

山本周五郎の短編小説『雨あがる』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。失業者は増加しているものの、再就職もままにならないといった厳しい状況が続いています。企業側からすれば即戦力になる人材が欲しいのでしょう。けれども・・・。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『罪と覚悟』あらすじ【再挑戦できる社会に!】

オー・ヘンリーの短編小説『罪と覚悟』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。「一度失敗してしまうと、やり直しが利きにくい。」そんな社会のありようをどう思うでしょうか。人生に再チャレンジしたいと思っている人間は、かなりの数に上るでしょう。
スポンサーリンク