一読三嘆、名著から学ぶ

スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

川端康成『伊豆の踊子』あらすじ【文豪もやっていた自分探し!】

川端康成の短編小説『伊豆の踊子』のあらすじや感想、そして作品の書かれた背景や、作者について等を載せています。「自分探し」という言葉を、単なる現実逃避に過ぎないと否定する人がいます。果たして本当にそうでしょうか?休息をかねた「自分探し」もときに必要な気がします。
一読三嘆、名著から学ぶ

森鴎外『寒山拾得』あらすじと解説【「盲目の尊敬」の危うさ!】

森鴎外の短編小説『寒山拾得』のあらすじや感想、『寒山拾得縁起』のこと、そして作者について等を載せています。最近、巷で「○○信者」という言葉をよく耳にするようになりました。それは宗教とかではなく、一個人の信者として使われているようです。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『燈籠』に見る【ささやかな希望の燈火と大きな暗い現実】

太宰治の短編小説『燈籠』のあらすじや感想、そして物語が書かれた背景や、作家・太宰治のこと等を載せています。東京都内のとある人気弁当店で、万引き事件があったとのニュースを見ました。しかもその被害は500円の総菜ひとつだったとのことです。
スポンサーリンク
名著から学ぶ(童話)

新美南吉『牛をつないだ椿の木』あらすじ【何のために働くのか?】

新美南吉の短編小説『牛をつないだ椿の木』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。とある友人は「組織の中で働くのは合わない。俺は個人主義者だから。」と、常日頃から公言していました。友人は都会のど真ん中で生まれ育ち、田舎というものを知りません。
名著から学ぶ(童話)

新美南吉『花をうめる』あらすじ【美しい記憶を呼び覚まそう!】

新美南吉の短編小説『花をうめる』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。大人になってから子供の時分をふり返ってみると、(どうしてあんなもの、あんなことに夢中になっていたのだろう)と、思うことが多いものです。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『水車のある教会』あらすじ【一縷の望み!!】

オー・ヘンリーの短編小説『水車のある教会』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。貧しい国では今も人身売買目的の誘拐が繰り返されています。突然我が子を失った親の気持ちを考えると、本当に胸が痛みます。
一読三嘆、名著から学ぶ

中島敦『盈虚』あらすじと解説【権力への執着とその虚しさ!】

中島敦の短編小説『盈虚』のあらすじや感想、そして、作者について等を載せています。どんな小さな組織でも権力への執着が原因でいざこざがあるものです。組織が大きくなったらどうなることでしょう。ましてやそれが一国を背負うような立場にいるような人なら・・・。
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『芋粥』から学ぶ【人間的欲望の本質!!】

芥川龍之介の短編小説『芋粥』のあらすじや感想、そして作者のことについて等を載せています。さて、人間として生まれてきた以上、欲望はわたしたちの身体、そして心へと、影のように付きまとってきます。どこで折り合いをつけるかは、その人しだいです。
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治『なめとこ山の熊』あらすじ【自然との共存を考える!】

宮沢賢治の童話『なめとこ山の熊』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。昨今、熊が突然、人間を襲うといった被害が多発しています。原因のひとつは、人間と野生の熊との境界線があいまいになってきているからだといわれています。
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治『よだかの星』あらすじと解説【いじめの残酷さ!!】

宮沢賢治の童話『よだかの星』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。さて、文部科学省の『問題行動・不登校調査』によると、2019年度に全国の小中高校などで認知されたいじめが61万2496件と、過去最多を更新したと出ていました。
スポンサーリンク