一読三嘆、名著から学ぶ

スポンサーリンク
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『賢者の贈り物』あらすじ【真実の愛の贈り物!】

オー・ヘンリーの短編小説『賢者の贈り物』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。例年とかけ離れているとはいえ、街ではイルミネーションが光り輝いています。そうです。『クリスマス』シーズンだからです。この季節に是非読んで頂きたい一冊です。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『黄金風景』読後、わたしの脳裏に浮かんだこと!

太宰治の短編小説『黄金風景』のあらすじや感想、そしてエピグラフに引用されたロシアの詩人、A・S・プーシキンの「海の岸辺に緑なす樫の木」の序詩等を載せています。さて、とある本に “ 男の子が好きな子に意地悪をするときの心理状態 ” なるものが掲載されていました。
一読三嘆、名著から学ぶ

中島敦『寂しい島』を再読し、改めて感じた想い

中島敦の短編小説『寂しい島』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。実は中島敦という作家ですが、中学高校と一応チャレンジしようとはしたものの、その文体の難しさに挫折をし、社会人になってから再び手に取ったといった感じです。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

菊池寛『芥川の事ども』要約と解説【天才ゆえの苦悩!】

菊池寛のエッセイ『芥川の事ども』のあらすじや感想、そして菊池寛・芥川龍之介、ふたりの関係性等を載せています。さて、著名人の自死に第三者は「成功者なのに勿体ないね」とか、「お金に不自由してないはずなのにどうして死を選ぶのか」などと口々に言ったりします。
一読三嘆、名著から学ぶ

森鴎外『じいさんばあさん』あらすじと解説【固い老夫婦の絆!】

森鴎外の短編小説『じいさんばあさん』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。つい先日、知人が熟年離婚をしました。本人曰く、「子供たちが独り立ちしたら別れましょう」と、ずいぶん前から、奥さんに提案されていたそうです。
一読三嘆、名著から学ぶ

中島敦 南島譚01『幸福』を再読した感想!!

中島敦の短編小説[南島譚01『幸福』]のあらすじや感想、そして作者について等載せています。恥ずかしながら『文豪ストレイドッグス』なる漫画があることを、つい最近知った次第です。知人の娘さん(中学生)が、この漫画のおかげで読書をするようになったのだと。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『最後の一葉』あらすじと感想【生きる意味!】

オー・ヘンリーの短編小説『最後の一葉』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。枯れ葉の舞う季節がやってきました。街を歩く人々が一枚、二枚と上着を羽織っていくなか、逆に落葉樹たちは一枚、二枚と枯れ葉を落としていきます。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『善蔵を思う』そしてわたしは、亡き友人を思う。

太宰治の短編小説『善蔵を思う』のあらすじや感想、そしてタイトルにある同郷の作家・葛西善蔵について等を載せています。先日、とある友人(故人)の三回忌に出席したところ、お寺の住職が『名聞利養』という余り聞き慣れない言葉を法話の中で語られていました。
一読三嘆、名著から学ぶ

菊池寛『恩讐の彼方に』あらすじと解説【罪と償いを考える!】

菊池寛の短編小説『恩讐の彼方に』のあらすじや感想、物語のモデル禅海和尚のこと、そして作者について等を載せています。わたしが言うまでもないことですが、人生とはまさに山あり谷ありです。谷ならまだしも、ときには奈落の底に突き落とされることもあります。
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『杜子春』に学ぶ人生観【人間らしく正直に生きる!】

芥川龍之介の短編小説『杜子春』のあらすじや感想、そして李復言『杜子春伝』との違いについて等を載せています。『宝くじ』で夢を買う。と、人は皆言います。確かに(もしも高額当選が当たったら使い道はどうしようか?)そんなことを空想するだけでも胸が躍ります。
スポンサーリンク