一読三嘆、名著から学ぶ

スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

山本周五郎『雨あがる』【心優しき世渡り下手へのエール!】

山本周五郎の短編小説『雨あがる』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。失業者は増加しているものの、再就職もままにならないといった厳しい状況が続いています。企業側からすれば即戦力になる人材が欲しいのでしょう。けれども・・・。
一読三嘆、名著から学ぶ

オー・ヘンリー『罪と覚悟』【再チャレンジできる社会に!】

オー・ヘンリーの短編小説『罪と覚悟』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。「一度失敗してしまうと、やり直しが利きにくい。」そんな社会のありようをどう思うでしょうか。人生に再チャレンジしたいと思っている人間は、かなりの数に上るでしょう。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『富嶽百景』【富士という御山になぜ人は魅せられるのか】

太宰治の短編小説『富嶽百景』のあらすじや感想、そして師・井伏鱒二との間の創作秘話等を載せています。『一富士二鷹三茄子』―――幼少時のわたしにとって、「富士山といえば初夢に見ると縁起がよい」。たったそれだけの印象でしかありませんでした。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

宮沢賢治『グスコーブドリの伝記』【身を捨て他者に尽くす精神】

宮沢賢治の童話『グスコーブドリの伝記』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。東日本大震災では、津波により沿岸地域で多くの消防団員が被害を受けました。岩手県、宮城県、福島県の消防団員の死者・行方不明者の団員数は254人に上っています。
一読三嘆、名著から学ぶ

宮沢賢治『注文の多い料理店』【自然を私物化する人間の愚かさ】

宮沢賢治の童話『注文の多い料理店』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。わたしの幼少の頃の遊び場といえば、もっぱら野山、そして川や海でした。思えば田舎育ちといった恵まれた環境に身を置いていたものだと思います。
一読三嘆、名著から学ぶ

【川端康成『伊豆の踊子』】世界的文豪もやっていた自分探し!

川端康成の短編小説『伊豆の踊子』のあらすじや感想、そして作品の書かれた背景や、作者について等を載せています。「自分探し」という言葉を、単なる現実逃避に過ぎないと否定する人がいます。果たして本当にそうでしょうか?休息をかねた「自分探し」もときに必要な気がします。
一読三嘆、名著から学ぶ

森鴎外『寒山拾得』 現代社会でも目にする “ 盲目の尊敬 ”

森鴎外の短編小説『寒山拾得』のあらすじや感想、『寒山拾得縁起』のこと、そして作者について等を載せています。最近、巷で「○○信者」という言葉をよく耳にするようになりました。それは宗教とかではなく、一個人の信者として使われているようです。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『燈籠』に見る【ささやかな希望の燈火と大きな暗い現実】

太宰治の短編小説『燈籠』のあらすじや感想、そして物語が書かれた背景や、作家・太宰治のこと等を載せています。東京都内のとある人気弁当店で、万引き事件があったとのニュースを見ました。しかもその被害は500円の総菜ひとつだったとのことです。
一読三嘆、名著から学ぶ

新美南吉 『牛をつないだ椿の木』【労働で得られる対価とは?】

新美南吉の短編小説『牛をつないだ椿の木』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。とある友人は「組織の中で働くのは合わない。俺は個人主義者だから。」と、常日頃から公言していました。友人は都会のど真ん中で生まれ育ち、田舎というものを知りません。
一読三嘆、名著から学ぶ

新美南吉『花をうめる』を読み【美しい記憶を呼び覚まそう!】

新美南吉の短編小説『花をうめる』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。大人になってから子供の時分をふり返ってみると、(どうしてあんなもの、あんなことに夢中になっていたのだろう)と、思うことが多いものです。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました