太宰治

スポンサーリンク
名著から学ぶ(文学の旅)

太宰治『津軽』要約と聖地巡礼!【序編―青森市・弘前市・大鰐町】

太宰治の小説『津軽』の聖地巡礼に行ったときのこと、そして作者についてなど載せています。太宰の生誕場所「斜陽館」には行ったことがあるものの、(そう言えば他の津軽の地は知らないな……)なんてふと思い、小説『津軽』の地を巡ろうと思い立ちました。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『恥』あらすじと解説【小説家なんて人の屑だわ!】

太宰治の短編小説『恥』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。昨今、職場またはプライベートにおいて「バイアス」という言葉をよく耳にするようになりました。「先入観」や「偏見」を意味する言葉です。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『走れメロス』あらすじと解説【信頼されることの重み!】

太宰治の短編小説『走れメロス』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、作者について等を載せています。昭和11年11月、太宰の内縁の妻・初代が、太宰の友人・檀一雄にある依頼をします。それは当時熱海に逗留していた太宰に「お金を届けて欲しい」との依頼でした。
スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『トカトントン』あらすじと解説【マタイ福音書の意味!】

太宰治の短編小説『トカトントン』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。戦地のストレスなどによる精神疾患を総称して「戦争神経症」と言います。その症状は不眠やうつ、幻聴、全身の痙攣、歩行困難など様々です。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『満願』あらすじと解説【原始二元論と愛という単一神!】

太宰治の掌編小説『満願』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。昭和7(1932)年、左翼運動と絶縁した太宰は、静岡県駿東郡静浦村(現・沼津市)の田中房二宅に間借り生活をし、文壇的デビュー作、『思ひ出』を執筆します。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『女生徒』あらすじと解説【幸福は一夜おくれて来る!!】

太宰治の短編小説『女生徒』のあらすじや感想、創作の背景と解説、そして作者について等を載せています。「中二病」という言葉があります。思春期に特徴的な、自分をよくみせるための背伸びや、自己顕示欲と劣等感が交錯する言動や態度を揶揄する言葉とされています。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『畜犬談』あらすじと解説【芸術家は弱い者の味方!!】

太宰治の短編小説『畜犬談』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。テレビ番組でよく可愛いペットの動画が紹介されていますが、その愛らしい姿に癒されている人も多いことでしょう。わたしもまたそんな一人です。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『斜陽』あらすじと解説【恋と革命のために生れて来た!】

太宰治の小説『斜陽』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、創作の背景、そして作者について等を載せています。昭和20年7月31日、太宰一家は、疎開先の甲府から青森県金木の太宰の生家に疎開先を移します。この疎開で、太宰は、生家の没落を目の当たりにします。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『桜桃』あらすじと解説【子供より親が大事と思いたい!】

太宰治の短編小説『桜桃』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。6月19日は太宰治の忌日、「桜桃忌」(「太宰忌」ともいう)です。ちなみに「桜桃忌」の名付け親は、同郷で太宰と親交の深かった直木賞作家・今官一です。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『たずねびと』あらすじと解説【他人からの善意の救済!】

太宰治の短編小説『たずねびと』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。第二次世界大戦末期、日本政府は、都市への空襲被害を軽減するため、都市に集中している施設や人員を地方へと分散させる「疎開」という政策を実施します。
スポンサーリンク