yazoo

スポンサーリンク
一読三嘆、名著から学ぶ

芥川龍之介『蜜柑』あらすじと解説【純粋無垢な姉弟の思いやり!】

芥川龍之介の掌編小説『蜜柑』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。厚生労働省の「国民生活基礎調査」によると、子どもの貧困率は11.5%、ひとり親世帯では44.5%と半数近くが困窮にあえぐ状況となっています。
名著から学ぶ(童話)

小川未明『白い門のある家』あらすじと解説【忘却する過去!】

小川未明の童話『白い門のある家』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。よく「現代人は忙しい」という声を聞きますが、結論から言うと事実と言えるでしょう。けれどもあくまでそれは精神的な忙しさのことです。
名著から学ぶ(童話)

新美南吉『花のき村と盗人たち』あらすじ【美しい心は人を救う!】

新美南吉の童話『花のき村と盗人たち』のあらすじと感想、そして作者について等を載せています。昨今、国連が掲げる持続可能な開発目標(略称・SDGs)が頻繁にメディアに取り上げられるようになり、「環境問題」への注目度が急速に高まってきています。
スポンサーリンク
名著から学ぶ(海外文学)

モーパッサン『首飾り』あらすじと感想【虚栄心という落とし穴!】

モーパッサンの短編小説『首飾り』のあらすじと感想、そして作者について等を載せています。「虚栄心」とは、うわべだけを飾ろうとする心、自分を実質以上によく見せようとする心のことですが、誰にでも少なからずそんな瞬間があると思います。
一読三嘆、名著から学ぶ

夏目漱石『私の個人主義』要約と解説【他者の自由を尊重する!】

夏目漱石の講演録『私の個人主義』の要約や感想、時代背景と解説、そして作者について等を載せています。「個人主義」という言葉を辞書で引くと、「個人の意義と価値を重視し、個人の権利や自由を尊重する考え方。」と出てきます。
一読三嘆、名著から学ぶ

岡本かの子『川』あらすじと解説【川への絶えざる憧れ!】

岡本かの子の短編小説『川』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。わたしたち日本人は古より、河川と密接に結びついた生活を営んできました。この結びつきはやがて日本人固有の河川観を育み、様々な芸術の分野にて表現されていきます。
一読三嘆、名著から学ぶ

原民喜『夏の花』あらすじと解説【原爆被爆者の生々しい記録!】

原民喜の短編小説『夏の花』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。広島、長崎への原子爆弾の投下によって生じたさまざまな悲惨な出来事を題材とする文学を「原爆文学」と呼びます。特に被爆体験を持つ作家の作品には心を動かされます。
一読三嘆、名著から学ぶ

島崎藤村『三人の訪問者』あらすじと解説【先入観に囚われず!】

島崎藤村の随筆『三人の訪問者』のあらすじと感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。「“ 先入観 ” に囚われたが為に失敗をしてしまった」そんな経験をした方も多いと思います。わたしも仕事やプライベートにおいて多くの失敗をしてきました。
一読三嘆、名著から学ぶ

魯迅『些細な事件』あらすじと解説【初心忘るべからず!】

魯迅の随筆『些細な事件』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。わたしたちが何気なく使っている言葉に、「初心忘るべからず」というものがあります。この言葉は能楽者・世阿弥が書いた能楽論書『花鏡』に載っている言葉です。
一読三嘆、名著から学ぶ

森鴎外『妄想』要約と解説【死を怖れず、死にあこがれずに!】

森鴎外の随想『妄想』の要約と感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。一人でいるとき無意識のうちに、「妄想」をしてしまうことはないでしょうか。わたしの場合子供の頃から、「夢想」と言うべきか、いや「妄想」を繰り返してきました。
スポンサーリンク