yazoo

スポンサーリンク
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『春はアラカルト』あらすじ【ロマンスの神!】

オー・ヘンリーの短編小説『春はアラカルト』のあらすじと感想、そして作者について等を載せています。「春」になると、気持ちがどこか浮き足立ってきます。野山を彩る花々につられ、ついつい外出してしまうって人も多いのではないでしょうか。
名著から学ぶ(海外文学)

オー・ヘンリー『心と手』あらすじと感想【粋という美意識!】

オー・ヘンリーの短編小説『心と手』のあらすじと感想、そして作者について等を載せています。江戸時代の美意識に「粋」という言葉があります。辞書で調べると、「気質・態度・身なりなどがあか抜けしていて、自然な色気の感じられる様子。」と出てきます。
一読三嘆、名著から学ぶ

宮沢賢治『青森挽歌』全文と解説【妹トシの面影を探し求めて!】

宮沢賢治の詩『青森挽歌』の全文と解説、感想、そして作者について等を載せています。大正12(1923)年7月末から約二週間にわたって、宮沢賢治は、樺太(サハリン)へ鉄道旅行に出かけます。この旅は前年に亡くなった妹・トシを探し求める旅でした。
スポンサーリンク
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治『風の又三郎』あらすじと解説!【異質な存在の排除!】

宮沢賢治の童話『風の又三郎』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。宮沢賢治の親友・保坂嘉内は、明治44年、地元山梨の八ヶ岳登山に行き、その帰り道、「風の三郎社」に立ち寄って、スケッチを書いています。
名著から学ぶ(童話)

宮沢賢治『銀河鉄道の夜』あらすじと解説【本当の幸福とは?】

宮沢賢治の童話『銀河鉄道の夜』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。宮沢賢治が生前刊行した作品は、詩集『春と修羅』と童話集『注文の多い料理店』のみで、ほとんどの作品は原稿用紙に綴られたままで発見されたものです。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『トカトントン』あらすじと解説【マタイ福音書の意味!】

太宰治の短編小説『トカトントン』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。戦地のストレスなどによる精神疾患を総称して「戦争神経症」と言います。その症状は不眠やうつ、幻聴、全身の痙攣、歩行困難など様々です。
一読三嘆、名著から学ぶ

太宰治『満願』あらすじと解説【原始二元論と愛という単一神!】

太宰治の掌編小説『満願』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。昭和7(1932)年、左翼運動と絶縁した太宰は、静岡県駿東郡静浦村(現・沼津市)の田中房二宅に間借り生活をし、文壇的デビュー作、『思ひ出』を執筆します。
一読三嘆、名著から学ぶ

菊池寛『マスク』あらすじと感想【強者に対する弱者の反感!】

菊池寛の短編小説『マスク』のあらすじや感想、そして作者について等を載せています。令和5(2023)年3月13日以降、マスクの着用ルールが緩和されます。思えば数年来、マスクひとつで何かと物議を醸してきました。「マスク警察」なるものまで登場する始末でした。
一読三嘆、名著から学ぶ

三島由紀夫『卒塔婆小町』あらすじと解説【陶酔は死を意味する!】

三島由紀夫の戯曲『卒塔婆小町』のあらすじや感想、解説と個人的な解釈、そして作者について等を載せています。「能楽」と聞いて、どのような印象をもたれるでしょうか。周りに聞いても、そもそもちゃんと観たことがないといった意見がほとんどでした。
一読三嘆、名著から学ぶ

坂口安吾『文学のふるさと』要約と解説【救いがないのが救い!】

坂口安吾の随筆『文学のふるさと』の要約や感想、個人的な解釈、そして作者について等を載せています。わたしたちが使用している言葉に「モラル」というものがあります。通常「道徳」といった意味で使われますが、その人の生きてきた環境や宗教観によっても異なります。
スポンサーリンク