スポンサーリンク

菊池寛『恩讐の彼方に』を読み、罪と償いを考える!

一読三嘆、名著から学ぶ
スポンサーリンク

はじめに【罪の償いかた】

 わたしが言うまでもないことですが、人生とはまさに山あり谷ありです。谷ならまだしも奈落の底に突き落とされることもあります。それが自ら招いた災難なら誰を責めるわけにもいきません。

 知人のひとりに自動車事故(過失運転致死罪)を起こし、最近交通刑務所を出所してきた人間がいます。当然ながら、再就職もままならないようです。

 (彼は被害者に対して、今まで、そしてこれからも、どんな罪の償いかたをしているのだろう)
 無論、正面切って訊ねることもできません。このような事例を目の当たりにしたとき、菊池寛の短編小説『恩讐の彼方に』を思い出してしまうのです。

スポンサーリンク

菊池寛『恩讐の彼方に』を読み、罪と償いを考える!

菊池寛とは?

 明治から昭和初期にかけて活躍した小説家です。菊池(かん)。(1888-1948)
本名菊池(ひろし)は香川県高松市に生まれ、名門、第一高等学校へと進みますが諸事情により退学。結局、紆余曲折の末に京都帝国大学文学部で学びます。

 大正5(1916)年、京都大学を卒業後、「時事新報」の記者を勤めながら創作活動を始め、『恩讐の彼方に』等の短編小説を発表します。新聞小説『真珠夫人』が評判となり、作家としての地位を確立していく一方で、1923年、『文藝春秋』を創刊、文芸家協会会長等を務めます。

 しかし、終戦後の昭和22(1947)年、GHQから公職追放の指令が下され、翌年の昭和23(1948)年1月に、狭心症を起こして急死してしまいます。(享年59歳)
『芥川龍之介賞』『直木三十五賞』の創始者。


   菊池寛

菊池寛『芥川の事ども』から読み解く天才ゆえの苦悩
菊池寛『奉行と人相学』【人は見かけによらぬものなのか?】

『恩讐の彼方に』のモデル

 『恩讐の彼方に』の主人公「了海」(俗名・市九郎)のモデルは、江戸時代中期、曹洞宗の僧、(ぜん)(かい)(真如庵禅海)であると伝えられています。(元禄4年(1691年) – 安永3年(1774年))越後国高田藩士の子で、本名は福原市九郎。

 市九郎は、両親が亡くなった事から世の無常を感じて出家し、諸国を行脚、正徳5年(1715年)に得度(とくど)して禅海と称します。

 諸国行脚の途中、豊後(ぶんごの)(くに)(今の大分県)羅漢寺を参詣した時、川沿いの断崖にかけられた桟橋、青野渡が危険で、人馬がときに落命することを知り、これを哀れみ、(のみ)での掘削(くっさく)を始めます。その後、周辺の村民や九州諸藩の領主の援助を得て、30年余りの歳月をかけて、完成させます。



 現在は、大分県中津市にある日本三大奇勝、()馬渓(ばけい)の『青の洞門』として、観光名所のひとつになっています。

『恩讐の彼方に』あらすじ(ネタバレ注意!)

 市九郎は、自分の主人でもある、旗本、中川三郎兵衛の愛妾、お弓と密かに心を通わせていましたが、ある日、そのことが三郎兵衛に知られてしまいます。

 激昂した三郎兵衛は、市九郎を手討ちにしようとし、また市九郎も死を覚悟しますが、左の頬に受けた一太刀をきっかけに我を忘れてしまいます。結果、市九郎は反撃に出て、三郎兵衛を斬ってしまいました。

 市九郎とお弓は、中川家から少しの有り金を盗み、出奔します。
二人は美人局や泥棒を生業としながら旅を続け、いつしか東山道の鳥居峠に土着し、茶屋を開きます。しかし茶屋とは仮の姿で、もっぱらの生業はやはり、美人局や泥棒でした。

 出奔から三年目の春のことです。市九郎はお弓の指示で、ある夫婦を手に掛けます。これまでも数え切れぬほどの殺しを重ねてきた市九郎でしたが、なぜかしら、酷く後悔をします。その一方、お弓はと言うと、「女性が身につけていた櫛はどこだ」と市九郎を責め立てます。

 そんなお弓の浅ましさを目の当たりにした市九郎の脳裏に、これまで犯してきた悪事の数々が鮮明に蘇ってきます。そして、ついにお弓のもとを離れることを決意します。

 お弓から逃れた市九郎は、美濃国一円真言宗の僧録である浄願寺に駆け込みます。そして上人の袖に縋りついて懺悔をし、出家を果たします。市九郎は名を了海と改め、ひたすら仏道修行に打ち込みます。そして上人の許しを得て、滅罪のために全国行脚の旅に出るのでした。

 旅の道中で、了海は山の絶壁にある鎖渡しという難所にたどり着きます。そしてこれを渡りきった時、「この道を掘り貫いて道を通し、ここで命を落とすものを救おう」。という誓願を立てます。



 たったひとりで(のみ)(つち)を持ち大盤石(だいばんじゃく)に挑む了海を、近郷の人々は嘲笑し、狂痴(きょうち)の僧として扱い、見向きもしませんでした。しかしそんな歳月も長きに渡ると、人々の了海を見る目が変わってきます。近郷の人々も石工を雇い入れたりして力を合わせ、了海の請願を成就させようとします。

 穴を掘り始めて十九年が経った頃です。了海を訊ねてある男がやってきます。男とは、かつて了海(市九郎)が手に掛けた三郎兵衛の一子、実之助でした。実之助は父の敵を討とうと、十年ものあいだ、空虚な遍歴の旅を続けていました。

 しかし、実之助の前に現れた父の敵は、人間とも死骸ともつかぬ、半死の老僧の姿でした。石工の頭領は実之助に「仇討ちを大願成就の後まで待ってくれまいか」と提案します。実之助もまたそれを承諾します。



 実之助は、自分、そして了海の、一生の大願を成就する日を願い、石工に混じって槌を振い始めます。それは了海のなかの菩薩の心を目の当たりにしてしまったからです。次第に実之助も、大願を果たす感動を分かち合うようになっていきます。

 了海が穴を掘り始めて二十一年目、ようやく大誓願は成就します。
了海は実之助に「約束の日じゃ。お切りなされい」。と、自らを討たせようとします。
しかし実之助の心はすでに仇討ちを捨てています。ただ老僧の手を取り、感激の涙にむせび合うだけでした。


青空文庫 『恩讐の彼方に』 菊池寛
https://www.aozora.gr.jp/cards/000083/files/496_19866.html

スポンサーリンク

あとがき【『恩讐の彼方に』の感想も交えて】

 わたし自身もこれまでに、小さな罪を何度か犯してきました。
それは法に触れないことは言え、自分のなかの倫理に違反するものです。きっとこれからも心のなかに暗い影を落とし、悔い続けるでしょう。

 ましてや知人は、不慮の事故とは言うものの人の命を奪っています。
了海と同じように、生涯をかけて償っていくのでしょうか。また、大切な命を奪われた家族も、いつの日か実之助のように、知人のことを許す日がくるのでしょうか。

 いずれにしても、人は大なり小なりの罪や憎しみを背負って生きています。
そんな負の感情を下ろせたとき、きっと心が楽になるのでしょうね。
わたしにも、いつの日か・・・。

コメント

タイトルとURLをコピーしました