スポンサーリンク

太宰治『家庭の幸福』を読みながら官僚(公務員)を考える!

一読三嘆、名著から学ぶ
スポンサーリンク

はじめに【インターネット投票について】

 茨城県つくば市で、スマートフォンを活用したインターネット投票の実験が始まるというニュースを見ました。(※2020年度、スマートフォン普及率は世帯ベースで77%を超える)これほどの普及率なのですから、遅いくらいと言っても良いのかも知れません。

 仮にスマートフォンを持っていない方には、役所内に専用の臨時投票所を設けて対応すればいいだけですし、コンピューターなら開票作業も早く、多くの人員を割く必要もありません。

 何よりも、流行り病の影響で “ 3密を回避する ” といった風潮が人々のあいだで共有されつつあるのですから、まさに良いこと尽くしです。先日、このことを、地元の市の職員に何気なく訊ねて見たところ、本気とも冗談ともつかない言葉が返ってきました。

 「臨時収入が無くなるから困るなあ」

 臨時収入?―――この部分に引っかかったわたしは、地方公務員が受け取る “ 選挙の投開票作業の手当 ” について少し調べたのですが、正直唖然としてしまいました。
自治体によって金額はバラバラですが、3万円~4万円のあいだの報酬が多かったようです。

 拘束時間が長いとは言え、高額な報酬だと感じるのはわたしだけでしょうか。
厚生労働省の毎月勤労統計調査によると、パートタイム労働者の平均月収は10万円未満だそうです。それなりに安定した収入のある公務員にではなく、生活困窮者に仕事を振り分けたりすれば収入の格差是正にも一役買うと思うのですが・・・。

 そもそも、インターネット投票が全選挙で可能になるのなら、こんなこと考える必要さえも無くなります。それにしても、市職員の言葉には失望しました。『公僕』といった意識が微塵も感じられません。優先順位はいちに、自分の家庭の幸福なのです。

 そう言えば、太宰治の短編小説にも『家庭の幸福』と言う作品がありました。

スポンサーリンク

太宰治『家庭の幸福』を読みながら官僚(公務員)を考える!


『家庭の幸福』は短編集・ヴィヨンの妻のなかに収められている

太宰治とは?

 昭和の戦前戦後にかけて、多くの作品を残した小説家です。本名・津島修治。(1909-1948)
青森県金木村(現・五所川原市金木町)に生まれます。東大仏文科在籍時、井伏鱒二(いぶせますじ)に弟子入りし、本格的な創作活動を始めます。

 しかし、在学中から非合法運動に関係をしたり、薬物中毒になったり、または心中事件を起こすなど、精神的に崩壊の一途をたどります。反対に創作のほうでは『逆行』が第一回芥川賞の次席となるなど、人気作家への階段を上り始めます。

 1939年、井伏鱒二の世話で石原美知子と結婚し、一時期は平穏な時間を過ごし『富嶽百景』など多くの佳作を書きます。戦後、『斜陽』で一躍、流行作家となりますが、遺作『人間失格』を残して、山崎富栄と玉川上水で入水自殺をします。享年38歳。


  太宰治

太宰治『善蔵を思う』そしてわたしは、亡き友人を思う。
太宰治『黄金風景』読後、わたしの脳裏に浮かんだこと
太宰治『燈籠』に見るささやかな希望の燈火と、大きな暗い現実
太宰治『富嶽百景』【富士という御山になぜ人は魅せられるのか】
太宰治・新釈諸国噺『貧の意地』【例え貧しくとも心は豊かに!】
太宰治・新釈諸国噺『破産』【倹約ストレスが浪費へと!】

『家庭の幸福』あらすじ(ネタバレ注意!)

 太宰の官僚に対する考えはこうです。官僚については今までそんなに深く考えたことがないし、“ 役人は威張る ” たったそれだけの事で、民衆だってずるく汚く欲深くて、裏切りもするし、ろくでも無いのが多いのだから官僚だけが責められるのはおかしい。

 むしろ、努力をして官僚になったのだから、少しくらい威張ってもいい。世の中の官僚には同情すら感じてしまう。

 そんな考えを持つ太宰でしたが、妻、美知子がラジオを購入してきたのをきっかけに、ラジオを聴き始めます。ある日、病に倒れ、暇つぶしにラジオをつけてみると、「街頭録音」なる番組がラジオから流れてきました。



 その番組内容は、日本政府の官僚と民衆が不平についての意見をぶつけ合うというものです。番組の中で官僚は食ってかかる民衆に対し、妙な笑い声を交えながら、要領を得ない説明をただ繰り返すだけでした。

 そんな官僚の態度に太宰は、極度の憎悪を感じます。
そして、官僚のヘラヘラした態度はいったいどこから出てくるのか、太宰は寝ながら空想し、短篇小説のテーマを思い浮かべます。

 太宰は主人公の名を仮に津島修治(太宰の本名)と付けて物語を進めていきます。
津島は東京都の或る町で公務員として働いています。小さいながらも一軒家を購入し、家族5人で、いわゆる “ 幸福な家庭 ” の(あるじ)として暮らしています。

 そんなある日、津島は少額ながら宝くじの当選金を手にします。そしてそのお金でラジオを買い換え、自宅に届けるよう手配をします。津島はとにかく早く我が家に帰って、平和な家庭の光を浴びたくてたまりません。



 帰宅時間になって帰ろうとすると、見すぼらしい身なりの女性が出産届けを持って窓口に現われます。女性はなんとか今日中に受理してもらおうと津島に懇願します。けれども、一時でも早く “ 家庭の幸福 ” を見届けたい津島は、女性を退けて帰ってしまいます。

 女性がその日の夜半、玉川上水に飛び込み、自殺をした。という記事が新聞の片隅に載っていたが、津島はそのことを知らずに今日も “ 家庭の幸福 ” に全力を尽くしていました。


青空文庫 『家庭の幸福』 太宰治
https://www.aozora.gr.jp/cards/000035/files/282_45418.html

スポンサーリンク

あとがき【『家庭の幸福』の感想も交えて】

 「臨時収入が無くなるから困るなあ」
そう言ったときの市職員もまた、津島と同じです。

 公務員にも家族がいて我が身、我が保身が大事なのもわかります。
“ 選挙の投開票作業の手当 ” の額に腹を立てているわたしも同様に自分が可愛いです。

 太宰はこの短編小説をこう締め括っています。
         家庭の幸福は諸悪の(もと)

 つまりは、公務員だけではなく、わたし達ひとりひとりが多少なりとも、他人の『家庭の幸福』を望むようになれば、物語の女性のような悲劇が減らされるのではないでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました